ひとりメシにピッタリ。小腹にうれしい無印良品「小さめカレー」レトルトシリーズ発売

無印良品のレトルト食品といえば、代表的なのがカレーやパスタソース。現在販売中の「素材を生かしたカレー」の半量にあたる90gのカレーがパックされた「小さめカレー」レトルトシリーズが、2018年1月24日に発売された。折からの大雪により一部店舗では入荷の遅れもあったようだが、現在は全国の無印良品ならびにネットストアにて購入できる。

常備しておけば小腹がすいた時に便利な、小さめサイズのレトルトカレー。お湯さえ沸かせればすぐに食べられるので、レトルトごはんと一緒にハイキングなどへと持参するのも良いだろう。

ラインアップは全10種。

ガラムマサラのスパイス感を生かした「キーマ」、マイルドな野菜カレー「国産りんごと野菜」、ひよこ豆の「チャナマサラ」そして爽やかな風味の「シチリアレモンのクリーミーチキン」までの4種が税込190円。

さらに税込250円のラインアップとして、まろやかでコクのある「バターチキン」、青唐辛子の辛さとレモングラスの風味が特長の「グリーン」、CNN“世界で最も美味な料理”に選出されたことのある「マッサマン」といったタイカレー、「プラウンモイリー(海老のココナッツカレー)」「ココナッツチキン」や「パラックパニール(ほうれん草チーズカレー)」というエスニック感の強いメニューが並ぶ。

上の写真中央は、定番の「キーマ」90gと200gのライスを盛り付けたもの。ライスの量を気持ち少なめにしても丁度良い分量として楽しめるかもしれない。

また大きめの平皿に2種類の小さめカレーをハーフ・アンド・ハーフで、というのも良さそうだ。さらに複数の味をナンと一緒にサーブすれば、インドの定食である「ターリー」の気分を自宅で気軽に堪能することだってできるだろう。

辛さとスパイス感が適度に感じられるとして定評のある無印良品のカレー。小さめサイズになることでますます味わう機会が増えそうな予感だ。

関連サイト

小さめカレー(無印良品)
良品計画によるプレスリリース(PR TIMES)