PCは用途で選ぶ!目的別ベストバイ機種を教えます【わからないならコレを買え!】

【各ジャンルのプロたちが語る2018 わからないならコレを買え!】

今回は、欲しいものがあるが、そのジャンルに詳しくない、どう選んでいいのかわからないという人に向けた、識者独断(と偏見?)の一押しセレクト企画。本誌ライター陣が、気になるジャンルのベストバイをビシッと提示します。

PCのスタイルを把握し自分が欲しい1台を探す

ひとくちにPCといってもデスクトップからノートまで多くのスタイルがあります。それぞれに得意な用途がありますので、PCを選ぶときは、自分の使いたい用途がどのスタイルに向いているのか把握するのが大切です。

写真や動画編集、3Dゲームといった趣味用途なら性能が高いデスクトップが向いています。テレビ視聴がしたいなら、面倒な機器接続が必要ないテレビ機能内蔵一体型がいいでしょう。コスパ重視でPCを買うなら、10万円以下でも実用性の高い製品が多数並ぶノートが狙い目。

屋外での利用を考えてるなら、軽さ重視で2in1やモバイルが最適です。ペンタブレットとしても使いたいなら2in1、とにかく軽いノートが欲しいならモバイルがオススメです。

No.1
シーンに合わせて最適なカタチで使える柔軟性

HP
HP Spectre x2 12-c001TU
直販価格:17万2584円〜

シックなボディに、ゴールドのキックスタンドが映える2in1モデル。見た目の美しさはもちろんだが、3000×2000ドットの12.3型液晶、Core i5-7260U、8GBのメモリー、512GBの高速SSD(NVMe)搭載と、性能・機能面でも満足いく仕上がりだ。キーボードは着脱式。付属のアクティブペンを使えば、ちょっとしたメモやイラストが描けるタブレットとしても活躍してくれる。


ノートにもタブレットにもなるのが2in1のメリット。場所を選ばずどこでも使いたいという要望に応えてくれる。基本的にはモバイル向きだが、性能が高めなので、メインPCとしてフル活用したいという人も満足できる。

 

No.2
ハイレゾ&4K AV環境がこれ1台で完成

NEC
LAVIE Desk All-in-one PC-DA970HAB
実勢価格:25万9920円

テレビ機能を内蔵した23.8型液晶搭載一体型PC。ヤマハ製ハイレゾスピーカー、高精細4K(3840×2160ドット)液晶、Ultra HDに対応したBDドライブを搭載し、これ1台で、4Kコンテンツを美しい音と映像で楽しめるというのが強みだ。テレビ機能も充実し、4番組同時録画に対応。CPUはCore i7-7567U、メモリーは8GB。HDDは4TB搭載している。

高音までしっかり再生できるヤマハ製スピーカー+ツイーターを内蔵。外付けスピーカーを使うことなく、ハイレゾが楽しめる。

 

No.3

ドスパラ
GALLERIA ZV
直販価格:19万4378円〜

CPUに6コアのCore i7-8700K、グラフィックにGeForce GTX 1070Tiを搭載。人気のバトルロイヤルゲーム『PUBG』からVRまで、ほとんどのゲームを滑らかな高画質で楽しめるハイスペックゲーミングPCだ。ストレージも、SSDとHDDの両方を搭載し、高速性と大容量とを両立している。

 

No.4

レノボ
Lenovo ideapad 520 81BF000JJP
直販価格(クーポン利用時):7万7846円

ノートPCながら4コアとなるCore i5-8250Uを搭載したモデル。IPSの15.6型フルHD液晶、8GBのメモリー、256GBのSSD、DVDスーパーマルチドライブを搭載。長く使える高スペックながら、クーポンの利用で8万円を切る激安価格に。

 

No.5
モバイルにも強力なパワーを求める人に

ASUS
ASUS ZenBook 13 UX331UN
実勢価格:12万9360円

13.3型フルHD液晶を搭載したモバイル機。約13.9mmという薄さながら4コアのCore i5-8250Uを搭載し、8GBメモリー、256GB SSDと合わせ、モバイルでもパワフルに活躍してくれる。GeForce MX150を搭載しているので、動画編集の支援や軽めのゲームまで楽しめる。重量は約1.14kg。バッテリー駆動時間は約14.4時間と長い。

 

『デジモノステーション』2018年3月号より抜粋。