ミラーレス、一眼、コンデジ……。定番ジャンルのNo.1カメラはコレだ!【わからないならコレを買え!】

【各ジャンルのプロたちが語る2018 わからないならコレを買え!】

今回は、欲しいものがあるが、そのジャンルに詳しくない、どう選んでいいのかわからないという人に向けた、識者独断(と偏見?)の一押しセレクト企画。本誌ライター陣が、気になるジャンルのベストバイをビシッと提示します。

定番ジャンルのトップランナーはこれ!

これからレンズ交換式カメラを買うという場合、「ミラーレス」にするか、「一眼レフ」にするかが第一の選択となります。

個人的には「これからはミラーレスの時代」と考えているのですが、動き回る被写体に対するAF速度・精度など、現時点でもまだ一眼レフにいくつかの優位点があります。ただ、そうした被写体を撮りたいという明確なニーズがないのであれば、今はミラーレスが最良の選択肢。特にコンパクトでレンズラインナップも充実しているマイクロフォーサーズ陣営がおすすめです。

コンパクトカメラのおすすめについては、各パートを参照のこと。それぞれのジャンルでトップランナーと言われている人気モデルをセレクトしています。

No.1
レンズ交換式カメラ入門にベストな1台

オリンパス
OM-D E-M10 Mark III EZダブルズームキット
実勢価格:10万7450円

オリンパスの本格派ミラーレスカメラ「OM-D」シリーズの入門機。5軸手ぶれ補正機構や高速AF、EVFなど、上位モデルに迫る高性能を誇りながら、持ち歩きやすい小型・軽量ボディも実現。自慢の携帯性を損なわない薄型ズームレンズと、f=80〜300mm相当の望遠ズームレンズが2本セットで10万円台という価格設定も◎。まずはこれだけで長く楽しめるはず。


さまざまなシーンで効果的に手ぶれを軽減してくれる5軸手ぶれ補正機能(上)。モードに応じた撮影メニューを表示してくれる「ショートカットボタン」(下)など、本機独自の新機能も用意。

 

No.2
ポケットサイズに高画質と多機能を凝縮

ソニー
サイバーショット DSC-RX100M5
実勢価格:11万7930円

スマホカメラの遙か上の画質・表現力を誇る1.0型センサー搭載コンパクトカメラの決定版。315点の像面位相差AFセンサーなどによって世界最速クラスのAF速度を実現したほか、4K動画撮影、最大40倍のスローモーション動画撮影なども可能。可動式液晶モニタや、ポップアップ式EVFによって自由度の高い撮影が楽しめる。

高速AFやフル画素(2010万画素)での24コマ/秒連写などを可能にした、同社一眼レフ譲りの映像エンジンを搭載している。

 

No.3

リコー
THETA SC
実勢価格:2万4210円

ここ数年で認知度を急上昇させている全天球カメラの最人気「THETA」シリーズの入門機。入門機とは言え、静止画から動画まで一通りの機能を完備する。もちろんスマホ連携による遠隔操作や、SNSアップロードも可能だ。

 

No.4

GoPro
GoPro HERO6 Black
実勢価格:5万3760円

アクションカメラの大定番と言えば「GoPro」。4K/60p撮影や、水深10mまでの防水機能、便利な背面モニタなど、実用性の高い機能をてんこ盛り。何より非純正品を含めると、数百種類にも及ぶという対応アクセサリーを自在に利用できるメリットが大きい。価格はやや高めだがその価値はある!

 

No.5
数年後の買い換えも見据えた入門機

キヤノン
EOS 9000D ダブルズームキット
実勢価格:13万5000円

キヤノンの一眼レフ「EOS」シリーズのエントリーモデル。より廉価な「EOS Kiss」シリーズと比べ、操作性などを同社中級機に近づけており、将来的なステップアップがしやすいようにしている。レンズも標準ズームレンズと望遠ズームレンズの2本をセット。買ってすぐ、レンズを交換する楽しさを味わえる。

 

『デジモノステーション』2018年3月号より抜粋。