普通のバイクみたい!?ヤマハ『V-MAX』をクラシック調にカスタムしたら……

筋金入りのV-MAXファンからは「ちーがーうーだーろー!」との声が聞こえてきそう。だが、それをさらりと聞き流してやってのけちゃうのが、イタリアの伊達男たち。

伊「Moto Design Custom」が作り上げた『V-MAXベース・ストリートレーサー(STREET RACER – BASE V MAX 1200)』は、異次元の加速性能に特化したモンスターマシン、ヤマハ「V-MAX」をあえてクラシカルなストリート風にカスタムしたバイクだ。

エンジン周辺やサイドカバーをよく見なければ、これがV-MAXベースだと気付かない人もいるかもしれない。

そもそもガソリンタンクがシート下にあるという独特な車体構造のV-MAX。この『V-MAXベース・ストリートレーサー(STREET RACER – BASE V MAX 1200)』では、いわゆる“普通のバイク”っぽいスタイルにするためにフレーム自体の大改造やダミータンクの設置といった、通常では発生しない手間がかかっているのだという。ちなみにタンクキャップのように見える部分には、タコメーターが装備されている。

改造後の走行性能については特に触れられていないが、パワーユニットの基本構成はV-MAXそのものであるため、凶暴なまでの加速能力は健在だと思われる。V-MAXのアイデンティティを失った外観には賛否両論ありそうだが、「ヒツジの皮を被ったオオカミ」的なマシンに憧れるライダーからは好意を持って受け入れられるのかもしれない。

それにしても各部パーツの“使い込まれてイイ雰囲気の味が出た金属感”は魅力的。バイクカスタムのみならず、ビンテージ調DIYのお手本にしたいところだ。

関連サイト

STREET RACER – BASE V MAX 1200(Moto Design Custom)