ダース・ベイダーが使ってたアレかな?瞑想ルーム『OPEN VESSEL』がフロリダで誕生

今、海外では「瞑想」が流行中である。スマートウォッチ『Apple Watch』にも、瞑想に関連した機能が搭載されたほどだ。そんな瞑想の効果をさらに高めてくれそうな、瞑想用の卵型ポッド『OPEN VESSEL』が発表されている。

フロリダ州マイアミのベンチャー企業が開発した『OPEN VESSEL』は、内部に1〜2人程が入れる小型のポッド。床にはクッションが敷き詰められており、落ち着いて集中できそうな雰囲気だ。クッションの一部を取り外すことで、椅子としても利用できるのだという。

室内照明は複数の色から選べる模様。それにしても、映画「スター・ウォーズ」シリーズでダース・ベイダーが使っていた瞑想室を彷彿とさせるデザインである。

さらにスマホと連携させることができ、リラックス、エネルギー回復、瞑想、治癒といったテーマのBGMを再生する機能も備えるとか。

なお、公式Webサイトに一般向け販売情報は掲載されていないが、企業などへの導入はすでに決まっているのだそう。個人的にも一度体験してみたいものだ。

関連サイト

OPEN VESSEL