重低音がズンと来る!Amazon Alexa搭載、オンキヨー『Smart Speaker P3』はメインスピーカーにもなる1台

【ヒット確実な新製品の「試してわかった」をレポート】

プロの目利きたちがいち早くハンズオン! ヒット確実な気になる製品の試してわかったことをすべて教えます。

 

アレクサ、重低音を強化して! オンキヨーから登場した、Amazon Alexa搭載のスマートスピーカー

スマートスピーカーの先駆けとなったAmazon Alexaだが、日本市場にはAmazon謹製の「Echo」シリーズのほか、選択肢はさほどなかった。特にスピーカーとしての音質性能を求めるとなると厳しい状態が続いていたが、ついにオーディオ専業メーカーが乗り出してきた。それが、現在先行販売中の『Smart Speaker P3』だ。なだらかな楕円形のエンクロージャーにはフルレンジドライバー&パッシブラジエーターを搭載。自然でボリューミーな重低音を楽しませてくれる。

オンキヨー
Smart Speaker P3 (VC-PX30)
実勢価格:3万2184円

【SPEC】
サイズ:W166.7×H201.5×D106mm
質量:1.6kg
スピーカー:64mmプレス加工、パルプコーン振動板×2
パッシブラジエーター:105×59mm振動版×2
周波数特性:28Hz〜20kHz
入出力端子:アナログAUX IN端子(1)、アナログAUX OUT端子(1)
電源:AC100〜240V・50/60Hz
消費電力:7W / 0.35W(待機時) / 6.5W(無音時)

 

Front

Back

Top

Side

 

オーディオメーカーならではの、スマートスピーカーとは?

音響機器のサウンドはフラットな鳴りのものがいいという説もあるが、それはただしく調律したリスニングルームがあってこそ。リビングやベッドルーム、ダイニングに置いて、BGM再生用に使うものであれば、低域の量感が多いスピーカーをおすすめしたい。ボリュームを大きく上げなくてもリッチなサウンドで、音楽を聴いたときの満足度が高まるからだ。

その点、オンキヨーからリリースされた『Smart Speaker P3』のサウンドは好ましい。『Amazon Echo』の各モデルと比べると堂々としたボディだが、それもそのはず。剛性感の高いエンクロージャーの内部には2機の64㎜フルレンジユニットにくわえ、大口径なパッシブラジエーターも2機ビルトイン。重低音再生に向いた構成となっている。

ロックを再生すると、ドラム&ベースがドンっ!と前のめりに飛び出してくる。密度が濃く、重層的な低域がリズムセクションをしっかりと支えている。ボリュームを上げていくと、本体を置いているテーブルが揺るぎはじめるほどのパワーがあり、リビングのメインスピーカーとして使ってもいいのでは、と思えてくる。

鮮やかなメロディラインにも注目したい。ボリューミーな低域に隠れることなく、ボーカルは確固とした存在感をアピールしてくる。高域はおとなしめに聞こえるが、これはいわゆるラウンジトーン。BGM用途として考えると好ましい。耳なじみがいいし、ダイニングなどで家族との会話を阻害するものではないからだ。

プリセットボタンなど、音声コントロール以外のコントローラ部も充実している。好みのサービスやプレイリストが決まっているのであれば、1プッシュで音楽再生がはじまるボタンの存在はありがたい。音響機器専業メーカーがスマートスピーカーを作ると音楽リスニングに適したハードウェアに仕上がる、ということがよくわかるモデルだ。

デュアルパッシブラジエーター搭載で迫力のある重低音に

部屋全体に響き渡るリアルな低音。ベースラインのエッジやピアノの低音域のエッジを力強く描き、キックドラムが空気を揺るがしていく。音圧の強さはスマートスピーカーのなかでも随一。

天気やニュースを教えてくれるし、ピカチュウと会話だってできる

Amazon Alexa搭載機のメリットは、“スキル”で自由に機能拡張ができるところ。現時点で300以上の日本語に対応したスキルが用意されており、中には「ピカチュウトーク」のように子供が喜んで使ってくれそうなものも。

『Smart Speaker P3』に「アレクサ」と呼びかけると音声入力モードになる。続いて「ジャズをかけて」「ニュースを教えて」「3分タイマーかけて」と音声コマンドをしゃべって伝えていく。

プリセットボタンひとつで、自分だけのプレイリストを流そう

本体上面に並ぶボタンの数々。最上段には4つのプリセットボタン、中段には再生・停止、ボリュームボタンなど、下段にモード切り替えボタンが備わる。シンプルな構成のAmazon Echoと比べるとボタンの数は多い。マイクも上面にビルトイン。

各プリセットボタンには、各種音楽ストリーミング配信サービスアプリと連携して、ステーションとして登録できる。好みのプレイリストの登録も可能だ。

DTS Play-Fiで無線接続、さらにオーディオ機器との有線接続も可能

背面にはオーディオ入力、オーディオ出力端子も備える『Smart Speaker P3』。スマートフォンやパソコン、オーディオプレーヤーと有線接続して、アクティブスピーカーとして使うこともできる。

DTS PlayーFi対応アプリを使えば、ネットワークでつながったNASに保存してある音楽ファイルも再生に。ほかの部屋にある対応機器も操作できる。

 

『デジモノステーション』2018年3月号より抜粋。

関連サイト

Smart Speaker P3 (VC-PX30)