ディーラーで買えるベンツ純正キャンパー!『V 220 d Marco Polo HORIZON』発表

見よ、この高くそびえるポップアップルーフを。メルセデス・ベンツ日本は、ミニバンの「Vクラス」に“プレミアムアウトドアミニバン”という触れ込みのバリエーションモデル『V 220 d Marco Polo HORIZON』(マルコポーロホライゾン)を追加。本日(2018年2月2日)より全国の正規販売店にて注文受付が始まっている。メーカー希望小売価格は税込846万円。配車時期は2018年7月頃となる。

多彩なシートアレンジ。前席は回転式シート!

大人7人が乗車できる2-2-3のシート構成。後部座席をフルフラットにすれば3人が寝られるベッドスペースが確保できる。車中泊でデッドスペースになりやすい前席(運転席、助手席)は最大230度回転可能で、対面式のスペースを作ることも可能だ。あらゆるシートレイアウトでゆとりある車内空間を実現している。

後席ベンチシート下にはアンダーシートボックスが。いたるところに十分な収納スペースが設けられ、積載能力は非常に高い。

またポップアップルーフ内には、車内とは別に大人2人が使用できるフルフラットなベッドスペースを備える。標準でリーディングライトが装備されるため、のんびりと読書を楽しんでも良いだろう。

普段使いの乗用車としても

大柄な車体ながら安全・快適に乗るための配慮がなされているあたりは、流石メルセデス・ベンツ。レーダー型衝突警告システムなどの安全装備が充実しているほか、ドライバーの疲労や眠気を検知したり、車線を逸脱したりすると警告を発してくれる運転アシスト機能もある。

ちなみに日本国内で販売されるのは右ハンドル、2.2リッター直4直噴ディーゼルターボエンジン仕様のモデルとなる。近所へのちょっとした買い物からオートキャンプまであらゆるシーンで使いまわせる汎用性の高さを持った万能ミニバンと言っても過言ではないだろう。

800万円台の価格に圧倒されてしまうかもしれないが、普段使いの乗用車とレジャー用のキャンピングカーをそれぞれ購入すると考えれば、1台でどちらの役割も担うことができる『V 220 d Marco Polo HORIZON』のコストパフォーマンスは悪くない、ということになるのかもしれない。

なお、2018年2月4日まで千葉県の幕張メッセにて開催されている「ジャパンキャンピングカーショー2018」に実車が展示されているので、興味があれば足を運んでみてほしい。

関連サイト

V 220 d Marco Polo HORIZON(メルセデス・ベンツ日本)
ジャパンキャンピングカーショー 2018