天文オンチでも天体観測が楽しめる!? スマホ連携望遠鏡を試してみた

「eVscope」は、スマホと連携することで、簡単に導入でき、目的の天体へと自動で方向を向けてくれる望遠鏡。肉眼では見えない天体も超高感度センサーと光を増幅させるテクノロジーで鮮やかに観察できる。しかも、天文の知識がなくてもOK、天体観測には向いていない東京都内でも十分に楽しめると聞いたので、実際に試してみました。

本当に天文知識ゼロに近くても大丈夫なのか?

世の中には2種類の人間がいる。天文に興味のある人間と興味のない人間だ。

私自身は、後者です。星座といえば、Wの形をしたカシオペア座と、ひしゃくの形の北斗七星ぐらいはわかります。だけど、他の星座はその形に見えないよね。昔の人、想像力ありすぎじゃないですか。そこが、天文に興味を持てなかった理由かもしれません。もちろん、地方に旅行や仕事で行った時に天の川を見てキレイだなと思うぐらいの感性はありますけど、知識としては完全なド素人です。

さて、スマホと連携する望遠鏡「eVscope」(イーヴィスコープ)は、そんな素人でも簡単に扱えるそうです。しかも、都内のような天体観測には不向きな地域でも、超高感度センサーにより星を明るく観ることができるとか。本当かしら? と、販売元のプラススタイルさんにお借りしました。

「eVscope」プラススタイルでの販売価格は37万9800円。

昔ながらの望遠鏡は、初心者には難しかったんですよ。まず、天体の知識を前提としています。星座表を見て、今どこにどの星があるかを確認して、そちらの方向に望遠鏡を向ける。素人がやってみても、星なんてたいてい白い点ですから、それで合っているかの判断もできない。またモーターで追尾するタイプの望遠鏡も、最初のセットアップがかなり難しかった。最初は知識のある人に教えてもらう必要がありました。

到着したeVscope。想像していたよりもデカい!三脚と本体を合わせた重量は約9kg。※実際の商品にケースは付属していません。

というわけでeVscopeが家に到着しました。この時点では本当に簡単に天体観測できるかは半信半疑です。

口径は4.5インチ。光学倍率50倍/デジタル倍率最大400倍(最大150倍を推奨)。バッテリーはUSB Type-Cケーブルで充電。バッテリ容量は1万5000mAhとちょい大きめのモバイルバッテリーぐらい。1回の充電で9時間駆動します。

セットアップ

まずは、三脚を立てます。わが家はマンションなのですが、南向きのベランダに設置しました。本当は東西南北見渡せる場所があればいいんですけどね。外の道路も、周囲がマンションだったりするし、とりあえず楽をしてベランダです。三脚のセットでは、水平器の気泡が黒丸の中央に入るよう調節します。これが超重要で、テキトーにやると目的の天体に方向を向けることができません(実際に1回失敗した)。

水平器の気泡を調節します。
三脚に乗せたら2か所のネジを締めます。落としたら大変なので、この作業は慎重に。

そして、eVscope本体を取り付けます。スマホとの接続はWi-Fiを使用。本体の電源を入れたら、スマホから「eVscope-●●●●●●」に接続。あらかじめインストールしておいた専用アプリ「Unistellar」を起動します。ちなみに、使用している間はWi-Fiでのインターネット接続が切れますが、スマホのデータ通信は使えるので、ネット自体の利用は可能です。

「Unistellar」ホーム画面。

アプリで接続を確認したら、上下左右のコントローラーでeVscopeを動かし、適当に明るい星に向けます。ピントが合っていない場合は、本体の後ろにあるフォーカスホイールでピントを調整します。

そして、「自律フィールド検出ボタン」をタップすると、AFD(自動イールド検出機能)が働きます。2000万個の星座表データベースと照合し方向を特定するのですが、これが天文のド素人にはサイコー。知識がゼロでも初期設定が完了し、あとはアプリで観たい天体を選択するだけで、自動でその方向に向いてくれるのです。

言わずと知れたお月さま。画面からはみ出しています。

最初に試した日は、十五夜だったので、月に向けてみました。画面に収まらないくらい大きく見えます。

満月の明るさは、天体観測するには邪魔になります。星の観察はまた後日に行うことにしました。しかし、10月に入ってから東京は曇りや雨の日が多く、なかなかチャンスが訪れません。

土星の輪、木星の衛星を捕らえた!

やはり東京は天体観測に不向きなのか。そんな不安とあきらめを覚えつつあった某日、雲のない夜が訪れました。すぐさまベランダに三脚を立ててeVscopeをセット。アプリの「現在の星座」から星を選びます。天体の表記は基本英語です。まずは「Jupiter」をチョイスしました。木星ですね。eVscopeがモーターの音を立て、じわりじわりと接近していきます。

「現在の星座」から選べるので、天文知識はなくてもOK。
目的の天体にアクセスするには、画面の「移動」をタップするだけ。出ていない天体は、あと何時間すれば見えるようになるかもわかる。
木星は、その衛星まで見えます。

木星、明るいです。その横には、きれいに並んだ星がありますが、どうやら木星の衛星のようです。木星ですら肉眼で見たことなかったのに衛星まで分かるとは。

そして、土星(Saturn)。最初に捕らえたときは横に長い光にしか見えませんが、ライブビュー設定で「ゲイン」と「露光時間」を調整していくと、輪が現れました。これは感動しますよ! 土星の輪と天使の輪は写真でしか見たことないじゃないですか。

土星。センサー越しとはいえ、リアルに観られるのは感動です。

これも「eVscope」のセンサーと画像技術のおかげ。デジカメの進化で写真が上手くなった気になったのに似ています。天文ファンからは「この程度で喜んでるのか」と笑われるかもしれませんが、いいじゃないか、素人だもの。これから、もっと天体観測に適した季節になるらしいし、銀河や星雲も期待できそうです。いや、これ1台ほしいわ。税込37万9800円でございます。

結論、天体観測に適さないとされる都内、しかもベランダでも十分に楽しめた。いやぁ、テクノロジーってホントに素晴らしいですね。
こんな星雲や銀河も観られるなら38万円は高くない!?