スポーツ、仕事に集中できる。完全ワイヤレスイヤホンは今こそ買い時【音楽定額配信時代のオーディオ選び】

【音楽定額配信時代のオーディオ選び】

音楽定額配信(サブスクリプション)サービスがより身近な存在となり、BGMのメインストリームとして使い始める人もかなり増えた。月額千円ほどでおよそ4000万曲から好きな音楽が選べるお手軽さは、この上ない便利さである一方、音質は残念ながらMP3並みで、決していい音とは言えない。ここではそんなサブスクリプション音源を、スマホでお手軽なまま、少しでもいい音で聴くための最新オーディオ選びを指南する。

仕事、スポーツに集中する。


完全ワイヤレスイヤホンとは、左右のイヤホンが完全に独立したBluetoothワイヤレスイヤホンのこと。つまり一切のコードがない、究極のカタチだ。すでにあらゆるメーカーから新製品が続々登場し、選択肢の幅も大きく広がっている。もはや、買わない理由が見つからない!

スポーツにも最適な完全ワイヤレスイヤホン

2016年12月に発売されたアップルの『AirPods』がきっかけとなり、イヤホンは左右独立型の完全ワイヤレス時代へと突入。

今、このジャンルが最も熱いトレンドとなっている。ソニーの『WF-1000X』やボーズの『SoundSport Free wireless headphones』が発売されたことは、まさにこのトレンドを象徴するトピックで、ついに大手ブランドの完全ワイヤレスモデルが揃ったかたちだ。さらには、1万円を切る価格帯の製品も登場するなど、ユーザーが今後も増えていくことは確実だ。


ノイズキャンセリング機能が付いた完全ワイヤレスイヤホン。それによって、コードとノイズ両方のストレスから解放されるのが最大の魅力。

SONY
WF-1000X
実勢価格:2万6870円

ここまで来たイヤホンの進化
ボーズ初の完全ワイヤレスイヤホン。クリアでパワフルなボーズサウンドは健在で、独自のウィングにより外れにくく快適な装着感を実現している。1回の充電で最大5時間の連続再生、ケースをフル充電することで2回分の充電ができる。また、15分間の急速充電で45分間の使用が可能など、バッテリー切れを心配することなく使用できる。

Bose
SoundSport Free wireless headphones
実勢価格:2万9160円



コードレスによるメリットは、スポーツなど体を動かすシチュエーションで発揮される。汗で濡れても大丈夫なように、防水性能が付いたモデルもある。また、バッテリーで駆動するため充電が必要だが、ケースが充電器になっており、使用しない時にそこに収納しておけば、勝手に充電されるしくみ。一回の充電で3時間程度の駆動、ケースからは2回以上の充電ができるため、1日の利用で足りなくなることはないだろう。

もちろん欠点もあるけど音楽との付き合い方が変わる

もはや時代は完全ワイヤレスイヤホン、といえども、当然欠点もある。

バッテリーが切れると使えない点はもちろんだが、ブルートゥースで音を飛ばしている性格上、音切れや音飛びがどうしても出てしまう。また、わずかだが音の遅延も発生することがあるため、ゲームや映画など、映像系のものを楽しむなら、まだ有線モデルに分がある。音質面も有線の方が有利なのだが、これはもうほとんど気にしなくてもいいほど、ワイヤレスの技術は向上している。

ワイヤレスイヤホンは左右独立型に時代
ワンタップでオン、簡単にペアリングが完了するとともに、センサーによって、耳から外すと音楽は一時停止、再度耳に着けると再生が始まるという便利さが魅力。1回の充電で最大5時間、15分間の充電で3時間の使用、ケースからは24時間分の充電が可能だ。

Apple
Airpods
実勢価格:1万8144円

こうしたいくつかの欠点を考慮した上でも、完全ワイヤレスイヤホンは“買い”だと断言できる。音楽を聴くためのさまざまなストレスを取り除いてくれるということは、それだけ気軽に音楽と向き合えるということとイコールだし、各社ともフィット感を重視した設計になっているため、長時間装着していても苦にならない。

サブスクリプション音楽との相性も抜群で、さっと耳に着けて音楽を気ままに流しておくといった使い方にはもってこい。音楽を味方に付ければ、ジムでのワークアウトも仕事も、さらに集中できるはずだ。


人間工学に基づいて設計されたデザインは、アクティブに動いてもしっかりと耳にフィットする快適な装着感を実現している。JBLサウンドも◎。

JBL
JBL FREE
実勢価格:1万6070円


ついに1万円を切る価格のモデルも登場。低価格ながら音質、機能面の完成度は高く、最大約2.5時間再生、充電ケースで約3回の充電が可能。

M-SOUNDS
MS-TW1
実勢価格:9568円


こちらも1万円を切るコスパモデル。最大約2.5時間再生、充電ケースで約4回分の充電ができる。防汗機能付きでワークアウトにも最適だ。

SOUL
ST-XS
実勢価格:9690円

『デジモノステーション』2018年3月号より抜粋。