ファットバイクなのに折りたたみOKの『RadMini』!しかも電動アシスト付きなのが嬉しいね

平坦じゃない地形でもなんのその、ぶっといタイヤでグイグイと走破できる「ファットバイク」。タイヤばかりかフレームまで大柄なモデルが一般的だが、そんな常識を打ち破る折りたたみ式、しかも電動アシスト付きのファットバイクが実はあるのだ。それが『2018 RadMini Electric Folding Fat Bike』。名前の通りこちらは2018年モデルとなる。

折りたたみ式ながら、4インチ(約10cm)幅のファットタイヤを装着する『RadMini』。しかし、タイヤサイズをやや小径の20インチとしたことで、うまい具合に本体もサイズダウン。小型化によって損なわれがちな乗り心地は、プリセット調整が可能なフロントサスペンションによって補われているようだ。

後輪に搭載する出力750Wモーターと、フレーム中央に備える14Ahバッテリーの組み合わせは、最高時速20マイル(最高時速約32km)での走行を実現する。アシストレベルは5段階から選択可能。モーターでの航続距離は25〜45マイル(約40〜72km)だそう。7速変速仕様のギアはシマノ製だ。

折りたたみ機構はフレーム中央で半分になる仕組みが採用されている。折りたたむと小型な自動車でも運べそうなサイズに。もちろん運搬時だけでなく、使わない時には折りたたんでおけば、収納スペースの節約にもなるだろう。

気になるお値段は、1499ドル(約16万3000円)。製造元であるRad Power Bikesの直販サイトにて販売されている。ただ、アシスト時のスピードを考えると日本の公道での乗用は難しそうだ。

関連サイト

RadMini