こんなのアリ!?『プリウス』や『ハイラックス』にキャビンを後付けしたキャンピングカーたち

一般的にキャンピングカーといえば、トヨタの『ハイエース』などの商用バンをベースとした「バンコン」と呼ばれるタイプや、トラックなどをベースにキャビンを装着した「キャブコン」が広く知られている。しかし、なかには驚くような車種をベースとしたものも存在しているのだ。ハイブリッドカーの代名詞トヨタの『プリウス』、そしてピックアップトラック、トヨタ『ハイラックス』をベースとしたキャンピングカーが先日の「ジャパンキャンピングカーショー2018」に出展されていたので紹介してみたい。

プリウスに居住キャビンを追加。まさかの組み合わせ

「ジャパンキャンピングカーショー2018」の会場でもかなり注目を集めていたのが、先代モデルの『プリウス』に居住スペースとなるキャビンを追加した『プリウス リラックスキャビン』。なんと見慣れた『プリウス』のルーフから後部にかけ、FRPの一体型キャビンを合体させてキャンピングカーに仕立てたものだ。意外な組み合わせだけに、見た目のインパクトはかなりの大きさである。リアビューではこれが『プリウス』だと気付く人は少ないかもしれない。

キャビン内部に入ってみると、プリウスの屋根上に確保された就寝スペースは想像よりずっと広い感覚。全長が440mm延長されたおかげで、車体後部に冷蔵庫やテレビなどの家電を設置することだってできる。キャビンで就寝できる人数は2名までだが、プリウス自体の座席がそのまま残されているため5人まで乗車することが可能だ。2110mmという天井高にさえ気を付けていれば、普段使いで不自由を感じる場面は少ないだろう。ちなみに施工業者である「かーいんてりあ高橋」に車両持込みで架装を依頼する場合、価格は240万円になるとのこと。プリウスで車中泊やキャンプを楽しみたいと思っている人なら、間違いなく気になる存在のはずだ。

ハイラックスの荷台にキャビンを装備

もう1台は、2017年に13年ぶりの国内販売再開を果たしたピックアップトラック『ハイラックス』をベースにしたキャンパー『J-cabin HM』だ。こちらは荷台部分にキャビンを乗せた構造。この方式は海外ではよく見かけるものだが、ベースとなる『ハイラックス』の車体が大きいこともあって、日本国内ではかなり目立ちそうだ。

販売元の「ミスティックプランニング」によれば、価格は車両込みの標準仕様で543万円。ちなみに写真の展示車は、オプション込みで766万8700円のプライスタグが付けられていた。

ただし、こちらの車両は1ナンバー車になるため、車検を毎年受ける必要があったり、高速代が高くなったりというデメリットもあるがそれを上回る魅力がある。5人が乗車できるうえ、その全員が車内で就寝できる居住空間はなかなか豪華なものだ。なにより、悪路の走破性に定評あ『ハイラックス』がベース、いやがおうにも冒険心をくすぐるというもの。普通のクルマでは入って行けないようなハードな林道を抜けて、見晴らしの良いスポットで1泊……なんて考えただけでワクワクしてくるはずだ!

関連サイト

かーいんてりあ高橋
ミスティックプランニング