独ポルシェ、希少なクラシックカー向けの修理パーツを3Dプリントで提供開始へ

常に旧車愛好家の頭を悩ませ続ける、修理用の保守パーツ不足問題。この度ポルシェから解決策として打ち出されたのが、ポルシェクラシックによる3Dプリント部品の提供サービスだ。まだ限られた点数のパーツをテストしている段階ではあるものの、希少車を大切に乗り続けているエンスージアストたちにとっては、まさに福音ともいうべき事業になるかもしれない。

独ポルシェ社の一部門であるポルシェクラシック(Porsche Classic)。同社は現在も5万2000種の旧車パーツを保管しており、保有する在庫個数が減少する都度、当時の工具を使って当時のパーツを再現している。しかしながら、需要の多くないレア車のパーツの再生は非効率的で、大きな課題になっていたのだという。

すでに入手不能となっていたパーツの一例には、たった292台しか生産されなかったスーパーカー『ポルシェ・959』のクラッチリリースレバーがある。そこでポルシェクラシックはこの部品を、レーザーを用いた3Dプリント技術のひとつ「積層造形法(Selective Laser Melting)」で再現。テスト車両に装着しての実地試験を行っているのだ。

こうした3Dプリント部品がオリジナル部品と遜色ない機能や強度を発揮するとなれば、より多くの旧車ポルシェを、稼働状態に再生することが可能になることだろう。

ポルシェクラシックは8品目のパーツについて、スチールおよびプラスチックで3Dプリントでの製造に成功している。現在はさらに20点の部品についても、3Dプリント製造に適しているか評価中だ。

この取り組みがうまくいけば、メーカー側は古いパーツの在庫をたくさん抱える必要がなくなり、旧車オーナーも安心して旧いクルマを長く乗り続けられるようになる。新たなアフターサービスとして、近い将来のクルマ業界に定着することになるかもしれない。

関連サイト

Porsche Classic supplies classic parts from a 3D printer(The Media Portal by Porsche)