シリーズ初の手ぶれ補正内蔵。富士フイルム『FUJIFILM X-H1』は動画撮影にも強いフラッグシップミラーレス

富士フイルムのミラーレスカメラ「Xシリーズ」。そのフラッグシップ機となる『FUJIFILM X-H1』が2018年3月1日に発売される。“シリーズ史上最高のパフォーマンス”と謳われる本機。製品名に採用される「H」はHigh Performanceの「H」なのだという。東京都内で開催された発表会のスライドと共にその特徴をチェックしてみたい。

実勢価格はボディのみで税込25万円台後半だ。

まず最大のポイントとなるのは、「Xシリーズ」で初となるボディ内手ぶれ補正機構を搭載したことだろう。補正機構は5軸対応で、最大約5.5段分の効果があるとされている。レンズ内手ぶれ補正機構の有無にかかわらず、同社から発売済みの全レンズで5軸・5段分以上の手ぶれ補正が可能なのだとか。

富士フイルムユーザーは気になるであろうAF性能の向上も見逃せないところ。新AFアルゴリズムを採用したことで、像面位相差AF性能がアップしているという。具体的には像面位相差AFの低照度限界が「0.5EV」から「-1EV」へと約1.5段分拡張され、AF可能な最小F値もF8からF11へ拡大しているそうだ。また、ズーム操作中のAF-C機能も大幅に高められているとのこと。

もちろんボディの設計もハイエンドに相応しい物となっている。外装のマグネシウム合金が従来機より25%厚みが増しているほか、マウント部の取り付け構造もより最適化することで、高耐性を実現したという。

上部には表示パネルを装備。背面にはAF-ONボタンやフォーカスポイントを移動できるレバーなどが配置されるなど、使い勝手の向上が感じられる。また、シャッターボタンは力の伝達に優れるとされるリーフスプリング式スイッチを採用。シャッターチャンスに強いレリーズ性能を実現したそうだ。

スペック的な部分をみてみると、撮像素子にはAPS-Cサイズの有効2430万画素「X-Trans CMOS III」を採用。そこに画像処理エンジン「X-Processor Pro」が組み合わせられる。画素数や画像処理エンジンは『FUJIFILM X-T2』や『FUJIFILM X-Pro2』と同じだ。常用感度はISO200〜12800。連写性能は、電子シャッターで14コマ/秒、メカシャッターで8コマ/秒。本体サイズはW139.8×H97.3×D39.5〜85.5mm。重量は、付属バッテリー、メモリーカード込みで約673gとなっている。

そのほか機能面では、「Xシリーズ」では初の「フリッカー低減撮影機能」を装備し、特に室内の蛍光灯や水銀灯など、照明のちらつきが発生する場所での撮影時にも安定した露出を実現できるという。

また、動画撮影機能の充実ぶりも『FUJIFILM X-H1』の特徴と言える。映画用フィルムの色・階調を再現した「ETERNA(エテルナ)」モードを新搭載。落ち着いた発色と豊かなシャドウトーンが動画撮影に適しているそうだ。さらに200Mbpsの高ビットレート記録対応、120フレームのスロー撮影なども搭載する。

『FUJIFILM X-H1』で撮影されたショートムービーも公開中。ドラマ相棒などの会田正裕監督による作品で、主演は女優の安達祐実さん。

そんなわけで『FUJIFILM X-H1』の登場により、「Xシリーズ」のハイエンドモデルは「Pro」「T」「H」の三本柱になったわけだが、それぞれ毛色が違うというのはなかなか面白い。純粋に選択の幅が広がったと捉えて良さそうだ。

関連サイト

FUJIFILM X-H1