『VELDT LUXTURE』によって実現する、僕らと情報との“ちょうどいい”関係

スマートフォンの普及によって多くの情報は簡単に手に入るようになり、たしかに僕らの生活は豊かになった。しかし一方では、見たくもないバッシング記事が目に飛び込んできたり、得られる情報に偏りが生じていたりと、本来は“使う”ものであるはずのインターネットに翻弄されているのも事実。もはやネット断ちはなかなか難しいが、ネットとの付き合い方を見直してみると情報疲れから解放されるのではないか──情報過多の今こそ手にしたいコネクテッド・ウォッチ、それが『VELDT LUXTURE(ヴェルト ラクスチュア)』だ。

今、必要なのは、情報との“ソーシャル・ディスタンス”

「新型コロナウイルスの蔓延を機に、ソーシャルディスタンスという言葉が使われるようになりましたが、今はソーシャル“ネット”ディスタンスがあってもいい時代だと考えています。たとえばSNS上にあふれるバッシングのコメントもそうですし、かつてイーライ・パリサーが生み出した“フィルターバブル”という言葉どおり、今私たちが見ている情報の大半はパーソナライズされていて、もはや自分が見たい情報しか見えなくなっている。世界の分断は進み、フェイクニュースも多い。こうした状況を見ると、ネットの情報を大量接種する前に一旦距離を置いたほうがいいのではと思います」

このように語るのは、IoTプロダクトやサービス、ソフトウェア、データ解析技術を開発するヴェルトの代表取締役CEO野々上 仁氏。同社初のプロダクトとなった腕時計スタイルのデバイス『VELDT SERENDIPITY(ヴェルト セレンディピティ)』が誕生したのは2014年のこと。それから6年が経ったが、当時、野々上氏が想像していたよりも、情報のバイアス化は加速しているという。

「本来、ネットは新しい情報にアクセスするための自由なツールであったはずなのですが、そうではない部分の進化が速かった。目に入る情報には消費や“いいね”が促され、気がつけば快適にコントロールされている感じです。それも否定しませんが、ヴェルトでは違った答えがあって良いと思っています。弊社ではビッグデータを用いたレコメンデーション的な使い方ではなく、個人のデータをあくまでも自分自身のために使えるようなデータサイエンスに舵を切っています。そして弊社のスマートウォッチは、ネットとうまく付き合いながらも自分自身の時間やリアルな世界を大切にするコンセプトを形にしたものです」

あふれる情報に対する危機意識から誕生したヴェルト

2012年、野々上氏はネクスト・スマートフォン時代における豊かなネット社会を提案するためにヴェルトを設立した。同社がビジョンに掲げたのは「ライフ・テック・リバランス」。それはネットのマイナス面をリバランスし、テクノロジーをリアルな生活と世界のために機能させること。あふれ返る情報やフィルタリングされた情報から少し離れて、大切なものにフォーカスすること。自分・社会・地球環境にとって最適な選択をしながら、思いがけない発見に満ちた時間を過ごすことだ。

「現在もそのコンセプトは変わっていません。最初に発表した『VELDT SERENDIPITY』は、ダイアルに小さなディスプレイを付けてテロップのようにメッセージを表示させていたのですが、2017年に発表した『VELDT LUXTURE』ではこのディスプレイをなくしました。情報の浸透圧を下げる──つまり、直接的な情報の伝え方をやめ、大事な情報は光で確認できるようにして、さらに光と腕時計の質感を融合させるようにしたのです」

そして、リアルな世界に目を向けるために組み合わせるのが、独自のアプリケーション機能だ。

「テクノロジーをリアルな世界で役立てることが弊社のテーマです。ですので、まずは日々着けてもらえるような質感やデザインの時計を展開していることが、ヴェルトと普通のスマートウォッチとの大きな違いです。またテーマに沿った独自機能を揃えていることも違いでしょう。例えば、地球温暖化に対して私たちにできることは何か? その答えのひとつが、地球温暖化や環境の情報を見える化して身近にお届けすることでした。ヴェルトは自社スマートウォッチ製品に地球温暖化の影響、自然環境を身近に感じられる機能を搭載しています。例えば10年前と今日の地球の平均気温やCO2濃度を比較する機能、指定場所の大気汚染を知る機能など。温暖化について日々感じることで一人一人の消費や行動の選択が少しだけ地球環境にプラスに動けば、いずれ大きな力になる可能性があります」

所有する満足感を高める『VELDT LUXTURE Model IG』

その最新モデルとなるのが、2020年に登場した『VELDT LUXTURE Model IG』だ。デザイン・インスピレーションの源泉となったのは、現在、温暖化による融解が危惧されている氷山。環境問題に対するメッセージを込めながらも、クールかつエレガントな雰囲気に仕上げた、VELDTらしいコネクテッド・ウォッチだ。

VELDT
VELDT LUXTURE Model IG
9万6800円

氷山に着想を得たデザインをベースに、氷を通して映る夕暮れ時の色合いを表現。ベゼルの目盛りや時分針、インデックスの一部に用いられたオレンジが、ソリッドな時計のアクセントになっている。対応OSはiOS 10+、Android 6+。クォーツ、持続時間約2年。ステンレススチール、5気圧防水、ケース径38mm。

情報の浸透圧を下げるべくデザインされたこのモデルには、ディスプレイが存在しない。ダイアルの外周から漏れる色とりどりの光によって、ユーザーに必要な情報を報せる仕組みだ。『VELDT LUXTURE』のアプリには、Eメールや電話、Facebook、Instagram、LINEなどの通知(Notification)をはじめ、天気予報や月齢、波の高さ、さらには二酸化炭素レベルや空気質指数などの機能をプリセット。

また、ヴェルトとシチズン時計との共同開発によるプラットフォーム「Riiiver (リィイバー)」を利用することで、他のメンバーが公開した機能をダウンロードして使えるようになる。こうした機能を、2時位置または4時位置のプッシュボタンで簡単に使用でき、ユーザーだけにしか分からない光の動きで必要な情報を取得できるのは実にスマートと言えるだろう。

単に光で情報を伝えるのではなく、そのニュアンスにも注力。3色(RGB)をブレンドさせたLEDの光を、ダイアル外周に配したリングに反射させることで柔らかく絶妙なトーンの光を放つ。野々上氏によれば「極力、デジタルっぽさを抑えた色味」だという。

『VELDT LUXTURE』のアプリには、UVアラートや月齢、波の高さをはじめ、世界中の最高気温の平均を出し、10年前の平均気温と比較する地球気温(Earth Temperature)など、環境問題に強い関心を持つヴェルトらしい、自然に関連した機能を多くプリセットしている。

一方でヴェルトは、最初のプロダクトを発表して以来、絶えず「腕時計としての価値の向上」を追求し、それは『VELDT LUXTURE Model IG』でもしっかりと継承している。ケースの12時位置と6時位置には「VELDT BEAK(ヴェルト ビーク)」と呼ばれるくちばし状のデザインを採用。この意匠はステンレススチール製ブレスレットの中駒にも用いられているが、これがVELDTのアイコンとなり、他のスマートウォッチはもちろん、腕時計としてもオリジナリティーを放っている。

38mmのケース径は腕にちょうどよく収まり、スモールサイズが注目される現在においては、とりわけ着用しやすいサイズと言えるだろう。その一方でインデックスは大きくレイアウトされ、時分針も着色されているので時刻の判読性は十分。ベゼルには100までの目盛りが記されているが、これはスマートフォンからの情報をパーセンテージで表示する機能。上品にまとめるだけではなく、時計としても、コネクテッド・ウォッチとしても実用的なデザインに仕上げているのが『VELDT LUXTURE』の真骨頂だ。

『VELDT LUXTURE Model IG』は全3色がラインナップ。左はシリーズのキーカラーとなるシルバー&ブルー。氷山を想起させる鮮やかなブルーをベゼルや時分針に採用し、スポーティーな雰囲気に。右は氷と陸地の景観をローズ・ブラウンで表現しており、ステンレススチールとの組み合わせにより上品に仕上げている。各9万6800円。

ケースの12時と6時方向にはそれぞれ、VELDT BEAKと呼ばれるくちばし状のデザインを採用。ブレスレットにも同様の意匠を配し、これが『VELDT LUXTURE Model IG』にオリジナリティを与えている。

ケースバックにはベゼルや時分針と同じカラーのカバーガラスをセット。着用時には目につかない部分までデザインしているのは、「腕時計としての価値向上」を考えるヴェルトらしい配慮だ。

直径38mm、厚さ12.4mmのケースは手首に品よく収まる。ステンレススチールをベースにアクセントカラーを用いたデザインなので、コーディネートを選ばずに着けられる。

現在『VELDT LUXTURE』は、左のエレガントな『Model AL』(11万円)をはじめ、中左はブルーのベゼル&ダイアルとラバーストラップの組み合わせがスポーティーな『Model AL』(9万3500円)、白樺を模したストラップがユニークな中右の『Model AA』(9万3500円)、薄くスライスした石のストラップを組み合わせた右の『Model AL』(9万3500円)など、多彩なラインナップを展開。

Riiiver×VELDT LUXTUREで広げるニューノーマル時代のライフスタイル

『VELDT LUXTURE』は実用性、デザインともに多くのスマートウォッチとは一線を画す仕上がりだが、その利便性をより高めてくれるのが、前述した「Riiiver」の存在だ。

「2015年にシチズン時計の方とお会いしたとき、『いい“時”を作れるような仕組みを生み出したい』という話になったんです。画面のなかに閉じ込めるのではなく、また、自分たちが押し付けて価値を作るのでもない。ユーザーが好きなものをセレクトし、それがスマートウォッチの機能になればいいというものです」

「Riiiver」はデバイスを起点にして、人、モノ、ことを有機的に結びつけるサービス。メンバーはきっかけとなる「トリガー」、連動させたい「サービス」、動作を起こす「アクション」という3つのPiece(ピース)を組み合わせて自由に機能(iiidea/アィイデア)を作成し、公開することができる──こう説明すると、つかみどころのない壮大な内容に感じてしまうが、野々上氏は「“その人にとっての大事なこと”が見つけられるプラットフォーム」だという。

「たとえば私はプロ野球好きなので、シーズン中は試合が気になります。スマホを取り出して途中経過を見られればいいですが、そうでないときは時計をチラッと見て、光の動きで勝っているかどうかをチェックできる(笑)。ほかにも、家族への定型メールをワンプッシュで送信できたり、外出先で最寄りのスタバを探せたりというようなアクションもそうですし、この時計を使っていたから有意義な時間を過ごせたとか、いい経験ができたとか、つまりは“時をデザイン”するものなんです」

メンバーは200を超えるPieceから3つを組み合わせて、自由に「iiidea」を作成し公開できる。またユーザーは、他のメンバーが公開したiiideaを「Riiiver」のアプリケーションからダウンロードして利用できるようになっている。

あふれかえる情報をシャットアウトするのではなく、適切な距離に修正し、なおかつ自分にとって大事な情報を取得することで経験の“きっかけ”にもなり得る──『VELDT LUXTURE』は、僕らと情報とを“心地よい関係”に結びつけてくれる、オンリーワンのプロダクトだ。

問 株式会社ヴェルト