冬の換気は暖房をつけながらが正解!
ツインデミックも怖くない空気マネージメントの方法とは?

朝晩がぐっと冷え込み、風邪などに注意が必要な季節。インフルエンザの予防接種をうった人もいるだろう。東京都が紹介するインフルエンザ対策として、湿度管理と換気の重要性があげられている。換気は新型コロナウイルスの対策としても重要。とはいえ暖房シーズンは、換気をすると部屋が寒くなるので躊躇しがち。ツインデミックへの対策にも必須な真冬の換気の仕方について、三菱電機が実施した「ニューノーマル時代の“空気マネージメント”」オンラインセミナーで学んだのでまとめてみた。


「空気のマネージメント」は文字通り、空気をマネージメントすること。空気で気になることといえば、ハウスダストなどの空気の汚れ、臭い、湿度、室温など、いろいろと思い浮かぶ。

これらの「空気の気になるところ」を解決するため、エアコン、ファンヒーターなどの暖房機器、空気清浄機、加湿器、除湿機などさまざまな家電が登場している。。

これほど多くの家電を効果的に使うのも難しいというのに、さらに今年は換気にも気をつけなくてはならない。そこで必要になるのが空気のマネージメントに関する正しい知識だ。

換気とは、室内の空気を
すべて室外の空気と入れ換えること

まず、換気とは何か整理しよう。インフルエンザや新型コロナウイルスの対策に換気が有効と言われている。なんとなく「換気ってただ窓を開ければいいんでしょ」と思っていたのだが、実はそうではないらしい。

換気とは、「室内の汚れた空気を新鮮な外気と入れ替えること」。室内にある空気が、外の空気とすべて入れ替わることが必要なのだという。

そのために重要なのが空気の流れ。ただ単に窓を開けているだけでは、空気が流れず「よどみ」がうまれてしまう。そうなると、室内の空気が入れ替わるのが難しくなる。

ポイントは、対角線上にある窓や扉を開けることなのだ。

なるほど、出口と入り口を離すことで、空気の流れをつくれることは分かった。しかし、間取りの関係で、窓や扉が対角線上にないときだってある。そういう時はどうすればよいのだろうか。

扇風機はしまわないで
効果的に対策ツールに使おう

すぐにできそうなのが、扇風機の活用だ。下の図は、標準的な住宅のリビング。ダイニングで、窓を開けて換気をした場合のシミュレーションだ。

左図は、扇風機がない部屋で、右側の窓を開けている。右図は、部屋の角に扇風機を床面45度の角度に送風した図だ。青や赤の線は空気の流れを示している。

右図の方が、線の数が多いのが分かるだろうか。これは扇風機によって部屋全体の空気がかくはんされ、空気が多く流れているため。よどみなく換気ができているというわけだ。

扇風機は窓のちょっと内側に
設置するのが正解

扇風機を置く位置にもポイントがある。一般的に、扇風機は窓の少し内側に置いて窓に向けて動かすのがよいと言われている。

しかし換気をする度に扇風機を動かすのは手間がかかる。そこでオススメなのが、扇風機の向きを斜め上方向に向けることだ。暖房がきいた部屋では、暖かい空気が部屋の上に、冷たい空気が下に溜まる。扇風機を上にむけることで暖かい空気が動き、効率良く室内の空気を窓の外に出せるというわけだ。

三菱電機によれば「効率良く換気を行なえば、その分窓を開けている時間が短くなるため、寒さを感じる時間が短くできる」とのことで、ぜひ真似したい。

換気には空気の流れをつくるのが大事。そこで、扇風機以外にも空気の流れをつくりだす家電を紹介しよう。

エアコンは消さずに
気流を効果的に利用しよう

冬のメイン暖房として活躍するエアコンは、部屋全体に暖かい空気を届けるためにたくみに気流をコントロールしている家電だ。

上の図は標準的なリビングダイニングで、窓を開けて換気をした場合のシミュレーション結結果だ。左図も右図も、右側の窓が開いている。

どちらの図でも、エアコンの気流を窓に向けると、換気量が増えることが分かる。

なお、エアコンの気流で室内の空気を外に追い出すため、窓を開けている間もエアコンをつけておくのがよいそう。窓の方向にエアコンの気流を向ければ、換気量が高まるのでその分効率良く空気の入れ換えができて、窓を開けている時間が短くてすむとのことだ。

エアコンは換気中つけっぱなしに
健康のため、室温は18℃以上に

WHOが出している室内の温度指針値は、室内の温度を18℃以上とのこと。健康のためにも部屋が寒くなりすぎないようにすることが大切。エアコンなどの暖房を使って室温が18℃以上になるようコントロールすることが大切だ。

エアコンのほかにも、空気清浄機も気流をつくりだす家電の1つだ。ルーバーがついている空気清浄機の場合、斜め前方に空気を放出すると、換気の効率が高まるという。置き場所としては、部屋の短辺の壁を背にしてレイアウトすると、部屋全体の空気を攪拌できるそう。

人が集まる場所や時間は
レンジフードを活用する

換気に効果的な時間帯やタイミングはいつなのだろうか。三菱によると、人がリビングに集まる朝、昼、夕方などの時間帯は部屋の二酸化酸素濃度が高まるのだという。

そういう時に効果的に換気ができるのが、キッチンのレンジフードなのだそう。「食事時にはレンジフードを動かす」と意識しておこう。

ついつい見落としがちな
寝室の換気も忘れずに

これまでリビングなど人が集まる部屋の換気のポイントを紹介してきたが、見落としがちなのが寝室の換気だ。就寝時に密閉していることが多い寝室は、寝ている間に呼気から発生する二酸化炭素が高濃度になってしまう。寝室に換気扇がついていても寝ている間は、音などが気になって換気扇を止めてしまいがちなので、忘れずにつけておきたい。換気扇が寝室以外の場所にあるときは、扉をあけて空気の通り道をつくることが重要だという。

三菱電機の家電は換気の
アシスト機能を搭載

これまで換気のポイントを紹介してきたが、実は三菱の家電には換気をアシストする機能が搭載されている。

例えば、ルームエアコン「霧ヶ峰」のFZシリーズとZシリーズは、リモコンで、電気のムダが少ない換気のタイミングを教える「換気ガイド」機能を備えている。

さらに、専用アプリを使うと、赤外線センサーを活用してサーモ画像で部屋の様子を確認でき、さらにスマホ画面をタッチすることで風向きをコントロールできる。直感的に操作ができて便利だ。

DCモータータイプの「三菱サーキュレーション扇風機 SEASONS」は、約10m付近まで到達するまっすぐな風を送れる扇風機。部屋の奥から窓に向けて風の流れをつくったり、広い部屋の空気を攪拌するのに活躍する。上下左右と自由自在に首振りできるため、送りたい場所にあわせて風を送るので、効率良く換気するのに役立ちそうだ。

また、家電ではないが全熱交換型「ロスナイ」も紹介しておきたい。

「ロスナイ」は熱交換しながら換気ができる優れもの。ロスがない(省エネ)から、「ロスナイ」とつけられているのだそう。

室内の汚れた空気から熱エネルギーを回収して汚れた空気を排出し、屋外の新鮮な空気に熱エネルギーを戻して室内に給気する。そのため、省エネで、冬でも寒くならずに換気ができるというわけだ。

換気をすると寒い外気を家の中に入れてしまうので、ついつい短時間で終わりにしたくなります。家電をかしこく使うことで、寒い時間はなるべく短くしつつ、効率良く換気をしながら、冬に備えていこう。

参考 東京都のインフルエンザ対策


Text by 伊森ちづる