ついにハンモックがバックパックと一体化!アウトドアでくつろぎたいなら、ゲットしない理由はない!?

ゆらゆらと揺られながら体が包みこまれる感覚が楽しい「ハンモック」。そのハンモックを野外やオフィスなど、ありとあらゆる場所で楽しめるように(?)バックパックと一体化してしまったのが、クラウドファンディングサイトのKickstarterに登場した『NOMAD Hammock』だ。

持ち運びの際にはショルダーストラップで通常のバックパックのように持ち運び、くつろぎたくなったら両端を木や支柱にしばりつけてハンモックに変身させられるという『NOMAD Hammock』。ハンモックとしての大きさは縦2メートル横1メートルで、がんばれば身長2メートル、体重120kgの大柄な人でも横になれるそうだ。

面白いのは収納時に背負って運べるようになるだけでなく、通常のバックパックと同じような収納力を発揮する点。バックパックの収納容量は20Lとのこと。このバックパックに飲み物や本、ブランケットなどを詰め込めば、ぶらりと散歩に出かけた先でハンモックに寝そべってリラックスできるというわけだ。

この『NOMAD Hammock』、折りたたみ構造は日本の「折り紙」から発想を得たとされ、4方向からうまく折りたたむことで、省スペース性と可搬性を両立させているのも特徴と言える。

現状、まだ資金調達の段階となる「NOMAD Hammock」。プロジェクトが成立した際には、195ユーロ(約2.6万円)の支援で1つ入手できるようだ。製品の出荷時期は2018年6月の予定となっている。ただし、残念ながら日本への配送は選択できなかった。

関連サイト

NOMAD Hammock