ニューバランスの定番スニーカー『574』がより快適に!オリジナルデザインを保ちながらもフィット性、クッション性がグレードアップ

ニューバランスの定番といえば『574』。1982年に誕生したトレイルランニングシューズ「M555」から始まった500番台の系譜にあるモデルだ。その『574』のオリジナルデザインを踏襲しながら、シューズの構造を全体的に見直した新しい『574』が、2018春夏シーズンより発売されている。

今回見直されたシューズ構造は以下の通り。

アッパ―はパーツ数が削減され、工程もシンプルに。それにより足入れがスムースになり、フィット感が向上したそうだ。

ミッドソールとアウトソールの各パーツの高度を見直し、クッション性とグリップ性が向上。インソールには、柔軟性に優れているうえ衝撃強度が強いポリウレタン(PU)素材が採用されている。

『574』の特長のひとつでもあるラスト(靴型)は微調整が加えられ、ホールド性を増しつつ、よりシャープなフォルムに。

様々な構造が見直された新しい『574』。カラバリは、ニューバランスの定番カラーとされるネイビー、ブラック、バーガンディの他、カーキやベージュ、イエロー、レッド、ブルー、ホワイトの全8色だ。サイズ展開については、22.0cm~29.0cm、30.0cmとなっている。価格は9900円(税別)で、ニューバランス公式サイト等で販売中だ。

関連サイト

『574』(New Balance Japan)