ノートPCは“Core i3以上”を選ぶべし!お買い得PCの選び方、教えます【安くて良いモノ50】

【各ジャンルのプロたちが選んだ!安くて良いモノ50】

安くて、しかも良いモノが欲しいというのは万人の偽らざる欲求だろう。でも、世の中そんなに甘くはない? いいえ、探せばあります、そんな選択肢。ここでは各ジャンルのプロがそんなお得なチョイスを紹介します!

Core i3以上の性能十分モデルを狙う

低価格なPCは性能が低く、やりたいことが満足にできない可能性が高くなります。比較的軽い用途、例えば動画や音楽、電子書籍などを楽しみたいというのであれば十分ですが、こういった用途であれば、PCよりもAndroidタブレットやiPadを選ぶ方がいいでしょう。

ゲームやプログラミング、写真現像、動画編集など、ひと通りPCらしい使い方をしたければ、CPUはCore i3以上、メモリは8GB以上搭載したモデルが狙い目。これより性能が低いと処理待ち時間が長くなり、不満を感じやすくなります。

本気で使うなら、高性能なデスクトップPCがおすすめ。大型液晶と組み合わせれば、非常に快適なPC環境が構築できます。

No.1
高速な第8世代CPU搭載ノートがこの価格!

レノボ
ideapad 520 81BF0005JP
直販価格:7万200円(クーポン使用)

4コア化された第8世代Core i5-8250Uを搭載し、大幅に性能アップ。更にメモリーは8GB、1TBのHDDを搭載するなど、メインPCとして十分戦えるスペックを備えているのがうれしい。さらに注目したいのが、液晶ディスプレイ。15.6型でフルHDというのは珍しくないが、低価格モデルにもかかわらず視野角の広いIPS液晶を採用している。しかも映り込みが少ない非光沢というのが◎。

インターフェースは左側面に集中し、LAN、HDMI、USB Type-A×2、USB Type-C、SDカードスロットなど。右側面はDVDマルチドライブを装備。スピーカーは底面だが、手前の斜め部分にあるため聞きやすい。

 

No.2
エントリーモデルでも顔認証に対応

デル
New Inspiron 24 5000 フレームレスデスクトップ
直販価格:10万7978円

23.8型と大きなフルHD液晶を搭載した一体型モデル。「フレームレス」というだけあって、左右と上のベゼルが非常に狭く、大画面でもコンパクト。CPUはAMD A10-9700Eで、ハイエンド機ではないものの、8GBのメモリと1TBのHDDを搭載し、一般用途で困ることは少ないだろう。SSD搭載やタッチ操作対応の上位モデルもラインナップされている。

本体下部にIRカメラを装備。Windows Helloによる顔認証に対応しているので、キーに一切触れることなくサインインできる。

 

No.3

ドウシシャ
OD4K-32B1
実勢価格:3万9938円

32型で3840×2160ドットの大きな4Kディスプレイながら、4万円を切る低価格が魅力。デスクトップPCと組み合わせれば、広くて作業のしやすいデスクトップ表示が可能だ。パネル方式はAHVAで、視野角は上下左右とも178度と広いのもうれしい。4入力の同時表示にも対応。
 

No.4

Amazon
Fire HD 10(Newモデル)32GB
直販価格:1万8980円

Kindleやプライムビデオなど、Amazonの提供するコンテンツを楽しむのに最適なタブレット。豊富なアプリも提供されているため、ゲームなどを楽しむこともできる。画面サイズは10.1型(1920×1200ドット)。プライム会員なら4000円引で購入可能だ。

 

No.5
コンパクトでも実用性の高いスペック

HP
HP Slimline 270-p014jp エントリー(500GB HDD)モデル
直販価格:6万4692円(ハッピーギフトキャンペーン)

約10cm幅というスリムデザインを採用。CPUはCore i3-7100とデスクトップ用となるため多くのノートPCよりも性能が高い。価格は抑えられているものの、8GBのメモリと500GBのHDD、さらにBDドライブ、無線LANまで搭載しているので、最初の1台としても最適だ。内部にロープロファイルのPCI Express×16スロットを1つ装備している。

 

『デジモノステーション』2018年4月号より抜粋。