こだわりの良品ギャラリー MOBILE PC

PCの未来を体現する
新形状モバイル

昨年登場し話題となった折りたたみスマートフォンについで、ついに登場した待望の折りたたみPC。折りたたんだ状態では約W236×H158.2×D27.8㎜と、10型ディスプレイ搭載ノートPC程度のサイズになるが、展開することで13.3型のタブレットPCに。折り曲げた状態で付属の物理キーボードをのせれば(フレーム部にマグネットで吸着する仕組み)クラムシェル型ノートPCとしても使える。「見る」だけの時は大画面で、「作る」「編集する」時は慣れ親しんだスタイルで、と使い分けられるのが本機のキモだ。

開発を担当したのは定番「ThinkPad」シリーズをIBM時代から手掛けてきた同社・大和研究所。約5年をかけたというその作り込みは凄まじく、例えば折りたたみディスプレイはしっかりとした硬さがあり、タッチ&ペン操作も快適。構造上避けられないはずの折りたたみ部のシワもほとんど目視できない(目をこらせばなんとか見えるというレベル)。本体背面をぐるりと保護するレザーカバーが折れ曲がり、キックスタンドとして本体を自立させられる構造もユニークだ。付属のキーボードをスペーサーとして挟みこむと、折りたたみ時にどうしてもできてしまう中央部の隙間が綺麗に埋まってしまうところなどは、そこまでやるかと唸らされた。もちろん、このキーボードは「ThinkPad」を名乗るだけあり、しっかりとした剛性感があり、タイピングフィールも良好。

PC界隈には新規技術をいち早く取り込んだ“初物”に挑戦することを「人柱」と称する(賞する?)文化がある。しかし、この『ThinkPad X1 Fold』は、第1世代モデルでありながら、すぐに実戦投入できる完成度を備えている。“変わりダネ”だと思うなかれ。

  • Brand Name
  • レノボ
  • Item Name
  • ThinkPad X1 Fold
  • Price
  • 価格:39万9300円
    ※記事執筆時点ではクーポン割引適用で32万7426円

 

最強のゲーミングノートPCは
最強のビジネスマシンでもある

今、ゲーミングPCが、非ゲーマー層から注目を集めつつある。本格派3Dゲームすら余裕で動かすパフォーマンスがクリエイティブやビジネス用途にも有用ということに多くの人が気づき始めたのだ。特に新型コロナ禍によるテレワーク移行の加速でその流れが顕著に。

「ALIENWARE(エイリアンウェア)」はデルのゲーミングPCブランド。本機はその中でもハイエンドに位置するゲーミングノートPCだ。米軍の対UFO秘密基地と噂される「AREA-51」の銘はそれを意味する特別なもの。

押し出しの強い見た目にも反映されている強力な冷却機構は最大125Wで動作するハイパフォーマンスCPUの安定動作にも貢献。ほか、強力なグラフィックチップや高速メモリーなど、その中身はほとんどデスクトップPC。ノートPCとしてはかなり大きな17型ディスプレイも最新ゲームの映像美を堪能できるハイクオリティなものを選べる(なお、最大構成時の価格は60万円を大きく越える)。

自宅でもストレスなく作業したいが、大きなデスクトップPCを置いておけるスペースはない。意外に思えるかも知れないが、ゲーミングノートPCは、そんな人にこそオススメの選択肢。繊細な操作を要求されるゲーマーの厳しい目に鍛えられてきただけあり、キーボードの打鍵感や、タッチパッドの滑らかさもトップレベル。インパクトのある風貌からは想像もできないが、実はその使い心地は洗練の極みにあるのだ。オフィス仕事に不要と思われがちなグラフィック性能も、昨今のWeb会議流行で重要性を大きく高めている。……もちろん、これを機に、いま大きく盛り上がりつつあるPCゲームを始めてみてもいい。

  • Brand Name
  • デル・テクノロジーズ
  • Item Name
  • ALIENWARE AREA-51m R2
  • Price
  • BTO価格:34万978円~