えっ、これもポルシェなの!?1961年製、真っ赤な『ポルシェトラクター』がオークションに出品される

スポーツカーのイメージが強い独ポルシェも、かつてはトラクターや戦車を作っていた時代があった。海外のオークション・ハウス「ボナムズ(Bonhams)」には、クラシックなポルシェ製トラクター『1961 Porsche Junior 108 Tractor』が出品されている。

この真っ赤な車体色を見て“マイトガイ”小林旭が歌う「赤いトラクター」を連想する諸先輩方もいるかもしれないが、同曲が1979年のリリースなのに対し、このポルシェ・トラクターは1961年製。年季の入り方が一段違う。それにしても、見事に美しくレストアされている。

オークションのページにはスペックについても詳細に書かれている。だが、やはり性能よりも、ポルシェの歴史を感じられることこそが、このマシン最大の魅力ではなかろうか。しかも希少なポルシェ製ディーゼルエンジン、ボッシュ製の油圧リフトシステムなどすべてがきちんと動作する完動品らしく、ボナムズには「このトラクターで近所を走り回るのも楽しいだろう」とも記されている。

オークションは2018年3月8日の13:00に開始される予定で、落札予想価格は4万5000から6万5000米ドル。日本円では480万円から690万円ほどが見込まれているという。自動車の歴史を語る上でも重要な個体のひとつであると思われるため、ぜひ良いオーナーの手に渡ってほしいものだ。

関連サイト

1961 Porsche Junior 108 TractorChassis no. 2993(Bonhams)