aiboの維持費は犬より安い?リアルペットとaiboを徹底的に比べてみた【ロボットペットと暮らす】

【aiboとその仲間たちのトリセツ】

aiboが発売されてから約1カ月半。人と接することでどのように成長したのだろうか? アニマル・セラピー」を動物ではなく、ロボットで実現する動きもいよいよ本格化! ロボットペットを飼うのがいよいよ現実になった今こそ、犬の専門家にも協力を依頼して、ロボットペットの可能性や付き合い方のリアルを徹底的に調べてみた。

犬雑誌と犬の専門家が読み解くaiboのスペック

aiboを見ると欲しくてたまらなくなるが、購入をためらわせるのは約20万円というその価格。さらに通信費だって馬鹿にならない。とはいえ、それは実際の犬を飼う際にも、餌代とかそのぐらいのお金は掛かるわけで。というわけで、ここでは犬雑誌と犬の専門家にaiboのスペックを、実際の犬目線で読み解いてもらった。

アイボは新型伴侶ロボット!

aiboには「通信費」と「ケアサポート費用」がかかるが、これは「犬のご飯代とペット保険代」と考えれば納得がいく。

「トイ・プードルなどの犬種は、月1万5000円程度の『トリミング代(被毛のカット費用)』がかかります。また、すべての犬種は法定の年1回の狂犬病予防接種(自治体により異なるが5000円程度)、年1回の混合ワクチン接種(動物病院によって異なるが1万円程度)の費用がかかります。混合ワクチンは法定ではありませんが、犬が遊ぶドッグランなどに入場するには接種証明書が必要な施設が多いので、多くの飼い主さんが行っています。また、室内犬は、犬の室内トイレ用のトイレシート代が月1500円ほどかかります。そう考えると、aiboの維持費用は、犬よりも安いといえるでしょう」(『愛犬の友』編集長・野田佳代子さん)」

さらに、aiboは年を取らない。犬との幸福な生活は何者にも代えがたいが、老犬には「介護」がつきものだ。筆者はトイ・プードルを3年ほど介護した後看取ったが、旅行もできず、投薬の時間に縛られる生活は、犬への愛情がなければできない。そうした生活に疲れ果て、老犬を捨てる人が後を絶たないのも事実なのだ。

人の目をじっと見つめ、表情豊かにその瞳を輝かせ、嬉しそうに歩いてくるaiboに、人は「来てくれるの、ありがとう」と声をかけてしまうに違いない。aiboは、「私を愛してください!」と、瞳とボディ・ランゲージを使って全身で乞うてくるのだ。筆者はその姿に「ココロ」を感じる。情緒にあふれたロボットaiboは、人間に「応える幸せと癒やし」を与えてくれる、新型伴侶ロボットといえよう。

aiboの価格

19万8000円(税別)。

「ペットのコジマ」で柴犬、ビーグル、パピヨン、ミニチュア・ダックスフンドなどが買える(※ 2/13現在の検索結果。子犬の価格は血統や年齢、性別などで大きく変動する。

aiboの感触

固くて毛はない。

「ヘアレス」の犬(※ 被毛が著しく少ない、もしくはない犬のこと。チャイニーズ・クレステッド・ドッグなどが有名。)もいるが、表皮がここまで固い犬はいない。

aiboの通信費

月額2980円(税別)。

小型犬(柴犬、ビーグルなど)成犬の1カ月のゴハン代とほぼ同じ(※ アイムス ユーカヌバミディアム アダルト一袋2.7kgは実勢価格2980円(税別)。これを、6kgの犬が1日の所要量90g食べたと考えて計算すると、31日で2.8kg食べることになるのでほぼ同じ。)。

aiboの鳴き声

やや甲高い。

ビーグルなどの猟犬によく似た、「猟師に居場所を教える」ような鳴き声(※ aiboは鳴き声を「aiboオリジナル」「犬の鳴き声」から選べる。比較したのは「犬の鳴き声」。「aiboオリジナル」は電子音っぽい。)。

aiboのケアサポート

3年で5万4000円(税別)。

ペット保険シェアNo.1のアニコム損保で柴犬の保険(ふぁみりぃ70%プラン)に入ると、年間4万660円(※ 2018年2月13日現在。ペット保険はプランや犬種によって費用が大きく異なる。)なのではるかに安い。

【PROFILE】
石原美紀子さん:フリーランスライター/エディター
愛玩動物飼養管理士1級、ペット栄養管理士の資格をもち、ペット関連の著書多数。教育、家電、生活雑貨など幅広いフィールドで活躍する。

野田佳代子さん:愛犬の友 編集長
創刊106年の犬専門誌「愛犬の友」編集長。「愛犬の友」は獣医師など専門家が監修し、犬のあらゆる情報を網羅する。最新号3月号は2月25日発売。

※文中、(野田さん)などとことわりのない個所はすべて石原美紀子による検証。

『デジモノステーション』2018年4月号より抜粋。

関連サイト

aibo