パナソニックが考える、これからの100年を見据えた“家電ビジョン”とは?近未来のコンセプト家電にも注目

2018年3月に創業100周年を迎えたパナソニックは、今後の家電についての取り組みとして“家電ビジョン”を発表。記者発表会を開催し、このほかにも未来を見据えたテクノロジーや取り組みを披露した。

発表会の壇上に上がったパナソニック アプライアンス社の社長・本間哲朗氏は、こう語る。

「パナソニックにとって、家電事業は常に中心にあった。新しい家電の基準となり、暮らしの定番となってきた。それは憧れだった。暮らしにもっと憧れを、人々に暮らしの憧れを届けていくのがパナソニックの使命。パナソニックは何を作っているかと聞かれたら、“憧れ”を作っていると答えたい」

そこで提案するキーワードが「HOME」。かつて家電というと自宅だけで使うモノだったが、その考え方はここ数年で大きく変化している。パナソニックが考えるのは、同じ価値観を持つコミュニティへ、そして離れて暮らす家族でも同じ時間を共有できる社会へとつながっていく、それが広義の「HOME」であるとのことだ。

パナソニックは、一人一人の暮らしに寄り添い“憧れ”を提供し、個別ではなく連携しながら新たな体験を提案していくことを目指していくという。今回は、そのイノベーションのための3つの提携を発表した。まずひとつが、西川産業、通称東京西川とタッグを組んで行う「睡眠に悩む人たちに、理想の眠りを届けるプロジェクト」である。

会場のデモルームでは、一人一人に合った温度の風と眠りを導いてくれる音、そして快適に起床できるライトによる寝室環境自動制御システムを紹介。西川産業の持つさまざまな睡眠に関するデータと、パナソニックの持つ知見を融合。寝室環境データ×睡眠データをもとに、快眠アルゴリズムを開発したのだ。

西川産業の代表取締役社長・西川八一行氏はこう話す。

「人生100年時代、睡眠、寝具に30年もの時間を割いている。研究機関として日本睡眠科学研究所を30年以上やってきているが、本当に正しい睡眠情報を示しているものは少ない。寝具がどうすればいいかは解明できているが、日中の過ごし方や、音や映像、全体の雰囲気作りは得意ではない。我々の持つ睡眠データや寝具の知見と、我々がわからない部分をパナソニックさんと補完し合っていきたい」

続いて語られたのが、「家電とヒトを、ネットワークに繋ぐ」ということ。すでにパナソニックでは、エアコンやネットワークカメラの分野でこの技術を実現している。しかし、家電をもっと楽しく使いたい、家電をもっと簡単にネットワークに繋げたいというニーズはまだまだあるという。

そこで発表された2つ目の提携先が、Googleだ。Googleアシスタントにより、パナソニックの家電を制御できるようにしていき、もっと楽しく、もっと簡単に「家電とヒトを、ネットワークに繋いで」いけるようにするという。そのためのインターフェースとして、2018年度を目処にAIスピーカーとヘッドホンの製品化を目指していくそうだ。

そのほかに、時期などの詳細は決まっていないが、LINE社の『Clova』への対応も表明。Amazonの『Echo』に関しては「北米向けのBDプレイヤーなどではすでに対応製品もあり、今後も適した技術を提案していく」とのこと。

そして3つ目がネットワーク対応における提携先「NTTドコモ」だ。パナソニックとNTTドコモは、18年秋を目途に1000台規模のLPWA通信対応機器による実験を予定している。低消費電力、長距離通信、大量機器接続、低コストを実現する「LPWA(Low Power Wide Area)」を、将来的には年間数百万台のIoT家電の接続を目指していくという。

パナソニック アプライアンス社の社長・本間哲朗氏は、「家電の進化は家事労働の解放からはじまり、新しい便利さを提案していった。しかし、日本はネットワーク家電が実際にネットワークに繋がっているケースが少ない。これを、電源を入れるだけで繋がるようにしていきたい。いつでもどこでも簡単につながる、憧れの生活を提案したい」とも。

シリコンバレーのベンチャーとも協業し、新会社「BeeEdge」を設立

さらに、アメリカシリコンバレーを拠点に活動する「Scrum Ventures(スクラムベンチャーズ))との合弁で、「株式会社BeeEdge(ビーエッジ)」の設立も発表。異分野・異業種の技術を組み合わせる「オープンイノベーション」を加速し、これまでのビジネスモデルにとらわれない形でのスピーディな事業化をするため、ベンチャー企業との協業を決めている。

「BeeEdge」の代表取締役社長には、「Scrum Ventures」の春田真氏が就任。同氏は、ネットベンチャーの世界で20年間、ビジネスをゼロから立ち上げてきた一方で、大手銀行という大企業も経験している人物だ。

「日本は、大企業に優秀な人がかなり多い。大企業で経験を積まれた人がもっとベンチャー側にくれば、日本は活性化する。外部の力を使いながら、日の目を見ていないアイデアを表舞台に出していく。やりたいという社員を生み出していこう、という強い思いに共感した。新しいサービスやモノ、社会にとっていい事業などを一緒に生み出していきたい」

まずはパナソニック社内の新規アイデアビジネスに出資する形で、素早く事業会社化を目指していき、来年4月には複数の事業会社を生み出したいという。

このほか、デモスペースではパナソニックのさまざまな取り組みの展示が行われていた。「Next Numanity 2030年の人間らしい暮らし」では、“効率や利便性だけを求めるのではなく、パナソニックの求める創造性や想像力を引き出すための、テクノロジーやサービスの活用”をコンセプトとした、3つのアイデアを紹介していた。

『Feast』は場所を選ばずどこでも食事が楽しめるためのアイデア。これはマット型の IH コンロを使うことで、どこでも宴が楽しめるというコンセプトだ。
アンビエント・プロジェクター「Drip」が雫を落とすように情報を注射してくれる様子。優しく世界と繋がるくらしを提案している。
さまざまな方法によって、家族のバイタルデータを取得。それらで得た健康状態を可視化するのが、バイタル・プラント『Bloom』だ。心や体の健康状態が認知できる。
自己位置推定と環境地図作成を同時に行う「SLAM技術」を採用した『fuRo ロボット掃除機プロタイプ』。ラグを見つけると前部が立ち上がって乗り越えた。

また、会場には千葉工業大学とパナソニックの連携により開発し『fuRo ロボット掃除機プロタイプ』も展示されていた。事前に片付ける必要がなく、あらかじめ室内の状況をマッピングすることで、必ずホームに戻ってくるのが特徴。またロボティクス技術により、ラグなどをしっかりと乗り越えることもできる。

デモブースで展示された内容の多くは、発売時期などは未定だが、未来を感じさせるモノであふれていた。パナソニックが提案するこれからの家電に期待したい。

関連サイト

パナソニック