省エネは当たり前。エアコン選びは快適機能&デザインが決め手!【生活家電買い方の3ルール】

【知らないと損をする!生活家電買い方の3ルール】

春は生活家電を買い換える季節。とはいえ、みなさん、安いだけで飛びついたりしていませんか? 多くの生活家電は最低でも5年、中には10年使い続けるもの。だからこそ、ここでは各生活家電のプロが「購入前に知っておくべき買い方の3ルール」を指南し、買って間違いなしなモデルだけを厳選。欲しい家電を買う前にこちらを読めば、きっと後悔しない買い物ができますよ。

 

省エネはもはや当たり前 快適性とデザインで選ぶ時代に

一年中快適な空間で過ごすために、部屋の広さや住む人のライフスタイルに合ったエアコンを選びたい。

LDKなど、家族が長く居る場所に設置する場合は、各社が誇るフラグシップモデルがおすすめだ。常に人がいる部屋では使用する時間も長くなりがちなので、光熱費のランニングコストにも大きく影響する。フラグシップモデルは省エネ性能が大変優れているので安心して使える。

快適機能はメーカーによって異なっており、大きく分けて2つのタイプがある。サーモカメラなどを搭載し、人の表面温度を読み取り、気流を制御する「一人一人を快適にする」タイプと、センサーで部屋の温度を計測しながら「部屋全体を快適にする」タイプがある。暑がりと寒がりが家族にいるなら前者、部屋をムラなく一定の温度に保ちたいのであれば、後者がぴったりだ。

昨年からは、エアコンのデザインも豊富になった。カラーや質感で選ぶことができ、インテリアの一部として部屋をスタイリングできるように。また、Wi-Fi接続できるタイプも登場し、外出先からもスマホなどで操作が可能になっている。

 

空間演出、Wi-Fi接続……エアコンの進化が止まらない

RULE 1
部屋の大きさに合った適正サイズのエアコンを選ぼう

エアコンの能力(容量)を部屋の大きさに合わせることが省エネにつながります。カタログなどに「畳数のめやす」があるので、確認してください。

下の図のように「冷房 17~26畳」とある場合、17畳から26畳で使えるという意味ではありません。木造住宅なら17畳、鉄筋住宅なら26畳に適しています。

カタログ等に必ず左のような表が記載されているのでチェックを。電力の消費を抑えるために小さめのエアコンを選ぶと、常にフルパワーで運転することになり、逆に電気代が高くなることもある。適正サイズを選ぼう。

人とモノを見分け、一人ひとりの「暑い」「寒い」の感じ方(温冷感)まで解析し、快適性と節電効果を高めるエアコンも登場している。

室外機の置き場所も重要だ。雨や直射日光があたりにくく、風通しがよい場所が最適。特に夏場は直射日光が当たると効率が落ち、電力を余分に消費するので注意が必要。

 

RULE 2
部屋のインテリアに合わせ、カラーでも選べる時代に

エアコンといえば白がほとんどで、同じような印象のものばかりでしたが、多様化するインテリアに合わせ、質感やカラーバリエーションが豊富になっています。

常に部屋の中で見える位置にあり、目立つ家電なので、デザインにも注目しましょう。

さまざまなライフスタイルや個性に合わせて、質感やカラーを選べる時代に。空間に深みを与えたり、引き締めたり、爽やかにすることも。エアコンによって部屋の印象がガラッと変わる。

 

RULE 3
快適の形は各社とも違うのでオリジナル機能にも注目したい

エアコンは年々進化し、便利な機能が追加されています。人を見分けて吹き分けたり、冷房と暖房で気流を変えたり、さまざまだ。

今年、注目したいのはWi-Fi経由で操作できるエアコン。室温を外からチェックして操作できるので、ペットを飼っている人も安心です。

エアコンの風に当たりたくないのであれば、部屋全体の温度を均一にするタイプがおすすめ。暑がりと寒がりがいるのであれば、人を見てセンサーで見分けるタイプを選ぶと快適に過ごせる。

 

PICKUP MODEL

■ハイブリッド気流 熱交換器加熱除菌 プラズマクリーナー

センターファンは冷暖房、サイドファンは室温の気流を送る。ハイブリッドな2種類の気流が特徴。部屋中に冷気や暖気が、ムラなく行き届く。

富士通ゼネラル
nocria Xシリーズ AS-X40H2-W
実勢価格:23万3000円(14畳用)

 

■省エネ 空気清浄 ナノイー

空気の汚れを除去する高性能フィルターや、気になるニオイなどを抑制する「ナノイーX」を搭載。キレイな空気で心地良く過ごせる。

パナソニック
Eolia WXシリーズ(CS-WX408C2)
実勢価格:34万3440円(14畳用)

 

■7色 天井気流・垂直気流

木目やツヤ、織目等多彩な質感を表現した7種類(大手家電量販店では2種類)のバリエーションからインテリアに合わせて選べる。

ダイキン
risora(AN40VSP)
実勢価格:21万1600円(大手量販店モデル・14畳用)

 

■3色 ムーブアイ極 ハイブリッド運転

シンプルでスクエアなデザインのエアコン。透明なパネルを裏面から塗装し、深みと透明感のある表面仕上げが特徴。

三菱
FLシリーズ(MSZ-FL4018S)
実勢価格:27万8640円(14畳用)

 

■IoT プラズマクラスターNEXT エアロダイナミックフォルム

全機種無線LAN機能を内蔵。様々な情報をクラウドに蓄積して、家庭にあった最適な運転モードを自動で選んでくれる。

シャープ
H-Xシリーズ(AY-H40X2)
実勢価格:30万230円(14畳用)

『デジモノステーション』2018年4月号より抜粋。