視覚的にも美しい。見た目もサウンドも妥協しない、スイス発「GENEVA」のスピーカー

音の良いスピーカーは数あれど、見た目も納得できるものはそう多くない。良質なサウンドを味わいながら、プロダクトのデザインを目でも楽しむことができれば、より上質なリラックス空間が生まれるのではないだろうか。

スイス発の「GENEVA(ジェネバ)」は、ハイクオリティな音質と美しい外観を兼ね備えたスピーカーを展開し、世界中で愛されるオーディオブランド。同ブランドのサウンド・エンジニアリング・チームは、アカデミー賞のサウンド・エフェクト部門で4度受賞するなど、その技術力の高さは折り紙付きだ。

そんなジェネバから、ふたつの新シリーズ「Touring Series(ツーリング・シリーズ)」「Acustica Series(アコースティカ・シリーズ)」が、2018年3月30日より登場する。

「ツーリング・シリーズ」は、ポータブルながら原音を忠実に再現するHi-Fiサウンドが特徴。「アコースティカ・シリーズ」は、幅広いリスニングポイントや深みのある低音などの、ブランド設立当初からの強みを受け継いでいる。

「ツーリング・シリーズ」からは、『Touring XS(ツーリング エックスエス)』(税別1万8500円)、『Touring M (ツーリング エム)』(税別3万2800円)の2製品が発売される。

フィルムカメラのような見た目の『ツーリング エックスエス』は、サイズがW17×D4.5×H8.2cm、重さは725gと軽量でコンパクトなスピーカー。本体には、ふたつの40mmドライバーと低音用のパッシブラジエーターを搭載しており、その小さなボディからは想像できないような立体的かつ深みのあるサウンドを放つという。

また本体に内蔵されているバッテリーにより、フル充電で約20時間使える。外部入力も、3.5mmステレオミニプラグの有線接続と、Bluetoothでのワイヤレス接続が可能だ。

おなじく同シリーズより展開される『ツーリング エム』は、一回り大きいラジカセのようなデザインの上位モデル。サイズはW26×D8×H15cm、重さは2100g、フル充電で約30時間使用できる。

特別にチューニングされたドライバーと、高級クラスのDアンプにより、最大音量でも安定した音質をキープ。楽器の細かなサウンドも表現し、ベースなどの低音は60Hzまで対応するそうだ。

一方の「アコースティカ・シリーズ」からは、『Acustica Lounge(アコースティカ ラウンジ)』(税別2万8800円)が発売される。デジタルアンプとカスタムウーファーを搭載しており、20Hz~50Hzの幅広い帯域をカバーする。

さらにこのモデルは、Google Chromecast Audioへの給電用USBポートを搭載しているから、Google Play MusicやSpotifyなどの音楽配信サービスも再生可能。その名の通り、自室を居心地の良い「ラウンジ」に変えてくれそうなスピーカーである。

今回登場した3製品は、いずれも高品質アルミとエコレザーで統一されており、「ブラック」・「ホワイト」・「コニャック(茶)」・「レッド」の4色展開。自宅での音楽体験を、目にも耳にもうれしい理想的なスピーカー。シンプルながらも、どこかオトコの心をくすぐる無骨さを感じるデザインに脱帽だ。

関連サイト

GENEVA