総柄バリエーションが充実。家族で“おそろ”にしやすいナイロンパーカ|わが家の週末クロージング

春の陽気に誘われて、ちょっと公園で外遊び。そんなとき、家族おそろいのコーディネートで外出すれば、気分が上がり、楽しさだって倍増するはず。とはいえ、色もデザインもまったく同じアイテムを身に着けるのは、ちょっとばかり気恥ずかしい……。そこでオススメしたいのが、コロンビアの『ヘイゼンパターンドジャケット』だ。

おそろいコーデに挑戦しやすく、しかも便利なはっ水&パッカブル

『ヘイゼンパターンドジャケット』は、春のライトアウターとして最適な薄手のナイロンパーカ。メンズ、レディス、キッズサイズそれぞれに、色ではなく柄によるバリエーションが展開されているので、おそろいコーデに挑戦しやすい。例えば、パパは無地、ママは総柄、子どもはバイカラー……なんていうセレクトをすれば、悪目立ちすることなく家族おそろいのコーデが楽しめる。

もちろん、アウトドアブランドのアウターだから機能も十分。生地にははっ水加工が施されているので、急に雨が降ってきても小雨程度であればインナーが濡れることはないし、汚れだって付きにくい。子どもが転がり回って遊んでも、泥汚れを洗い流しやすいのは、帰宅してからの洗濯にアタマを抱える親にとっては魅力的。

また、このモデルは、ジャケットの外ポケットに、ウェア本体を小さく折りたたんで収納できるパッカブル仕様。バッグに忍ばせておいて、日が暮れて肌寒くなったら羽織る……なんていう使い方だってできる。どうしても荷物が増えてしまいがちな家族での外出、持ち運びしやすいことは大きなメリットだ。

子どもにも親にもうれしい“キッズだけ”の仕様

おそろいで着られるのはうれしいけれど、キッズの仕様がどうなっているのかは、親として気になるところ。『ヘイゼンパターンドジャケット』はシンプルなウェアだが、キッズモデルだけは、ちゃんと子どもが着やすい作りになっている。

まず、メンズとレディスの袖口はベルクロストラップが付いているが、キッズモデルはゴムのみ。着るときはもちろん、手を洗うなど、ちょっと袖をまくりたいときでもわずらわしくない仕様だ。

また、キッズモデルのみ、フードは取り外しが可能。「今日は絶対に雨が降らない!」っていう日ならフードなしで着られるし、小枝が引っ掛かりそうな場所で遊ぶなら、あらかじめフードを外しておけば、安心して自然のなかを駆け回れる。

さらにキッズモデルには、ジャケットの裾、生地の切り替え部分、ファスナープルにリフレクターがあしらわれている。テント泊などで夕暮れまで外で動き回るときに便利だし、日常生活でも、遅い時間に外出する際にはこのリフレクターが重宝する。

デザインも機能も、春の外遊びにぴったりな1着。家族みんなで“おそろ”にすれば、それが遠くのキャンプ地でも、近場の公園でも、思い出に残る外出になるはずだ。

コロンビア
ヘイゼンパターンドジャケット

メンズ(左)、レディス(右)価格:各1万3608円
キッズ(中)価格:9288円