これ絶対すぐなくすやつ。“世界最小”を謳うマルチツール『Claw』の実力は……?

マルチツールは「より多機能」で「よりコンパクト」なモノであるほど優れている……そう考えている人々が本当に多いのだと痛感させられるプロダクトが出現した。それが、おなじみのクラウドファンディングサイト「Indiegogo」で目標金額の30倍以上にもなる資金調達を成功させた、自称・世界最小のマルチツール『Claw』である。っていうか、どうやって使うんだ、コレ?

どうやら動画を観る限りでは、小さな鉤爪型の『Claw』を使えば、瓶の栓やペンキ缶の蓋を開けたり、ホチキスの針を抜いたり、ダンボール箱のテープを切ったり……といったことができる模様。

基本的には「超小型栓抜き」としての用途がメインなのだろうが、宅配便の開封とかちょっとした作業時に手元にあると案外便利なのかも。

また、鉤爪の先端部をマイナスドライバーの代用として使うなんて用法も紹介されている。とはいえ、おそらく『Claw』単体で使うというより、キーリングなどと組み合わせるのが前提になっているようだ。

なお、標準モデルにはゴールドとシルバーのカラーバリエーションがあり、販売価格は1つあたり29ドル(3000円くらい)になる予定。ちなみにIndiegogoなら48%オフで入手できる。また上位モデルとして、プラチナ製の製品があり、さらに限定モデルで波紋状の模様が入ったダマスカス・モデルもある。

実用性よりもキーチェーンなどに装着するアクセサリーとして面白そうな雰囲気のある『Claw』。「スパイ道具」や「サバイバルツール」を愛好する人たちの間でこれから人気が出そうな予感だ。

関連サイト

Claw – The World’s Tiniest Multitool(Indiegogo)