確定申告が終わっても使いたくなる計算機!? 1980年代に流行った「ゲーム電卓」が現代に復活したのです

過ぎし2018年3月15日は、確定申告の締め切り日。年に1度の重労働も終わり、しばらく計算機とはおさらばしたい……。しかし、そんな人でも使いたくなるような電卓が登場した。

本日2018年3月23日に「カシオ計算機」から発売されたのは『ゲーム電卓 SL-880』。実はこの製品、1980年代に流行した『MG-880』というゲーム電卓をリメイクしたもの。

計算機で遊べるゲーム内容は当時と同じ。画面の数字を迫りくる侵略者に見立ててビーム砲で迎撃するというシューティングゲームだ。右側からやってくる標的の数字に合わせて、「・」キーをその回数押し、「+」キーを押してビーム砲を発射する。たまに現れるUFOを倒せば、ボーナス得点が入る仕様。攻撃が間に合わず侵略されると残基が減ってしまい、3つのライフがなくなるとゲームオーバーだ。

もちろん電卓としても使い勝手も申し分なく、本製品のもととなる『MG-880』よりグレードアップ。1980年8月に発売された『MG-880』は消費税導入前であったため、電卓に税計算機能が搭載されていなかった。そうした税計算機能や、太陽電池を新たに搭載し、さらに表示桁数も8桁から10桁に増えている。今では計算機にこういった機能が付いているのは当たり前になったが、この35年以上の中で技術の進化や環境の変化があったことを感じる。

シンプルながら、夢中になってしまいそうなレトロなゲーム電卓。普段は電卓として使いつつ、息抜きのゲームも“ほどほど”に楽しみたい。

関連サイト

SL-880(CASIO)