アクションカムの先駆者GoProが世に送り出す360度カメラ『FUSION』。その実力は?【360度全天球デジカメ徹底レビュー】

360度全天球デジカメ徹底レビュー6機種

「360度全天球デジカメ」選びのポイントは“使い勝手”! ハードウェアだけではなくアプリの完成度も重要に

さまざまなスタイルのデジカメがしのぎを削っているが、その中でもいま最も注目したいのが前も後ろも、上も下も、右も左も、すべての方角の景色をパノラマ撮影できる360度全天球カメラだ。自分が世界のど真ん中にいるかのような写真が撮影できるし、星の王子さまのような、小さな惑星に立っている映像も手軽に作れる。SNSでの“いいね!”も大幅UP間違いなしのビジュアルを求めるなら、これらのモデルをチョイスするのがおすすめだ。今回は数ある全天球カメラの中から、『FUSION』『THETA V』『VIRB 360』『Insta360 ONE』『Galaxy Gear 360』『PIXPRO 4KVR360』の6機種を順にレビューしていこう。

強力な手ぶれ補正にアプリも使いやすい

GoPro
FUSION
実勢価格:8万8000円

ハードなアクティビティも撮影できるアクションカムという市場を切り拓いた「GoPro」。彼らが満を持して送り込んできたのが『FUSION』だ。ジンバルいらずの電子手ブレ補正、前後のレンズが捉えた映像のつなぎ目が目立たない高精度なスティッチ、単体での防水性能に、編集しやすいアプリと、キャッチーな特徴を多く備えている。また音声によるコントロールにも対応しており、スマートフォンを使わなくても操作しやすい。使用するアプリはアクションカムの「GoPro」と同じもの。すでに「GoPro」を使っているユーザーにとっては使い慣れたものゆえにありがたく感じる。高価なモデルではあるが、現時点で考えうるすべての機能が詰め込まれているのが特徴だ。

SPEC
動画解像度・フレームレート:3K 60fpsまたは5.2K 30fpsまで静止画解像度・1800万画素相当
手ぶれ補正:あり
GPS:あり
バッテリーライフ:75分(5.2K 30fps録画時)
防水性能:5m防水
通信機能:Wi-Fi、Bluetooth
USBポート:USB Type-C
付属品:ソフトケース、マウント、三脚

自撮り棒や三脚を使うのが前提

一般的な360度全天球カメラはスマートフォンやコンデジとは違い、手持ちでの撮影には適さない。本体を取り巻く全方位の景色を撮影できる仕様のため、本体を持っている手が大きく写り込んでしまい、そのほかの被写体のインパクトが失われがちだからだ。またレンズが飛び出しているものが多く、汚れやすいのでレンズのケアに注意が必要になる。

本体の前後にレンズが備わる

全周囲の景色を全天球で撮影するために、360度全天球カメラには本体の前後にレンズ&センサーが備わる。この『FUSION』の場合は、360度全天球カメラとしては大型のボディを生かして、レンズの位置をずらしている。これによりスティッチ(前後の映像を自動的につなげる機能)の精度が高まり、つなぎ目が目立たない。

スマホがファインダーやEVF代わり

360度全天球カメラのディスプレイサイズは小さく、表示される情報も必要最小限。基本的にはスマートフォンと接続し、スマートフォンの画面をファインダーやEVF代わりとして使うことになる。単体での録画・写真撮影も行えるが、解像度や撮影モードを切り替えながらの撮影は少し面倒。とはいえ、特定のモードしか使わないならば問題ないだろう。

設定はスマホアプリから


スマホアプリからは、細かい設定の変更も可能。画質設定だけではなく、ビープ音の大きさや画面の明るさ、GPSなど360度全天球カメラ特有の機能のON・OFFもできる。


6つの撮影モードが備わる『FUSION』。アプリの画面からすばやく選択し、切り替えることができる。モード切り替えは本体側でも行えるが、わかりやすさでいえばアプリに軍配が上がる。

動画・静止画・音声の品質


完成した360度コンテンツは、静止画で1800万画素、動画では最大5.2Kの解像度となる。4Kモニタでは画質の荒れが気になるかもしれないが、現時点の民生用360度全天球カメラとしては最高級の画質を誇る。音質も高クオリティ。4つのマイクを使い、全方位の音を収録し、風などによるノイズも低減できる。


「Protune」スイッチをONにすると、露出補正やISO値の上限をセットできる。発色がいい&低ノイズの映像にしたいのであれば、ISO上限の値を低くしたほうがいい。


静止画で保存する際は、画角を決めて書き出す。超広角にすると外周部は色収差が目立つが、中央部はシャープ。

専用アプリの完成度



撮影・データの保存に活用する専用アプリ。アクションカムのGoProと同じアプリを用いる。編集機能が豊富で、撮影後すぐに完成度の高い作品が作れる。また全天球映像から任意のアングルで、フルHDの範囲を切り出せるOver Captureが便利。カメラワークが苦手な人でも、ダイナミックな映像が作れる。

周辺機器の充実度



『FUSION』はGoProと同じマウントを採用。通常の三脚をとりつけるにはオプションが必要なため、はじめてGoPro製品を使う人にとっては敷居が高い。反面、いままでにGoPro製品を使ってきた人であれば、オプションを流用できるというメリットも。

ガジェットキュレーター武者良太の評価

このモデルでしか撮影できない領域がある

コンシューマーモデルとしてはハイスペック。特に手ぶれ補正が強力で、手持ち時だけではなく、バイクや自転車などに固定して、移動中の映像を撮るときにも効果的。暗いシチュエーション時でも安心して使えるセンサーも安心できるもの。またOverCapture機能は、映像撮影の手法を大きく変えるだけのインパクトがある。タフなボディで防水性もあり、アクションカムを求めている人にとっても、注目する価値がある。高性能なぶん、やや価格が高いのは致し方ないだろう。またmicroSDカードが2枚必要になる点にも留意したい。

ガジェットキュレーター武者良太
1971年生のガジェットライター&キュレーター。音響機器、ITビジネスにAIなど、ガジェット市場を構成する周辺領域の取材・記事作成を担当する。

『デジモノステーション』2018年5月号より抜粋。

関連サイト

FUSION(GoPro)