360度カメラと言えばの「THETA」。4K動画撮影対応の最新モデル『THETA V』ってどうなの?【360度全天球デジカメ徹底レビュー】

360度全天球デジカメ徹底レビュー6機種

「360度全天球デジカメ」選びのポイントは“使い勝手”! ハードウェアだけではなくアプリの完成度も重要に

さまざまなスタイルのデジカメがしのぎを削っているが、その中でもいま最も注目したいのが前も後ろも、上も下も、右も左も、すべての方角の景色をパノラマ撮影できる360度全天球カメラだ。自分が世界のど真ん中にいるかのような写真が撮影できるし、星の王子さまのような、小さな惑星に立っている映像も手軽に作れる。SNSでの“いいね!”も大幅UP間違いなしのビジュアルを求めるなら、これらのモデルをチョイスするのがおすすめだ。今回は数ある全天球カメラの中から、『FUSION』『THETA V』『VIRB 360』『Insta360 ONE』『Galaxy Gear 360』『PIXPRO 4KVR360』の6機種を順にレビューしていこう。

品質と価格のバランスのとれた名機

RICOH
THETA V
実勢価格:4万8000円

コンシューマー用360度全天球カメラというムーブメントを作った「THETA」の最新モデル。手持ちでもつかえるように、縦長というのがポイント。自撮り棒などがなくても、手持ちで撮りやすいという特徴につながっている。電子手ぶれ補正機能つき、高精度なホワイトバランス、本体の映り込みが少ないなど、使い勝手に優れている。また定期的なファームウェアアップデートが予告されており、今後は自動顔認識やぼかし撮影機能、画角コントロール機能などが導入される見込みだ。

SPEC
動画解像度・フレームレート:4K 30fpsまで静止画解像度・1400万画素相当
手ぶれ補正:あり
バッテリーライフ:80分(5.2K 30fps録画時)
防水性能:オプションの水中ハウジングケースを使用
通信機能:Wi-Fi、Bluetooth
USBポート:Micro USB
付属品:ソフトケース、USBケーブル
『THETA S』と同じアプリを使用するが、一切問題はない。録画画面からEVやホワイトバランスが変更できるなど、必要な情報が見やすく配置されているし、念入りに作り込まれている。画質などの詳細なセッティングは、設定画面から変更する。

動画・静止画・音声の品質


細部の表現力が高く、シャープ。センサーだけではなく、レンズの性能も高いと感じさせる。リアリティある映像・静止画が頼もしい。サウンドの品質も高いが、オプションの専用3Dマイクロフォンを使うことで、さらにダイナミックレンジの広いサウンドも録音できる。

専用アプリの完成度


こだわった編集を行うには、「RICOH THETA+」アプリを用いる。露出やコントラストや色温度なども変更が可能で、直感的に自分の求める画角の映像・静止画に仕立てられる。

周辺機器の充実度


底部にはマイク端子、USB端子、三脚ネジ穴が備わる。スタンダードで安価なカメラ機材が使えるのがうれしい。専用アクセサリも豊富。サードパーティ製のケースや三脚なども多く、社外ジンバルとの相性もいい。ドローンに積んで空中から撮影を楽しむユーザーもいる。

ガジェットキュレーター武者良太の評価

安定度の高さはトップクラス

1回の録画時間は約25分まで。4Kクオリティの長時間録画は大きなデジカメでも難しいものがあり、『THETA V』は着実にここまでは動画が撮れる、という仕様になっている。カードスロットはなく、内蔵メモリは約19GB。1日に多くの映像を撮りたい人は注意してほしい。アプリ側の安定度も高く、編集を繰り返してもシャットダウンすることがなかった。こうしたアプリの使いやすさも、実際に使っていく中で重要になっていくだろう。長いが薄い筐体は、ポケットに入れて運びやすいというメリットを生んでいる。

ガジェットキュレーター武者良太
1971年生のガジェットライター&キュレーター。音響機器、ITビジネスにAIなど、ガジェット市場を構成する周辺領域の取材・記事作成を担当する。

『デジモノステーション』2018年5月号より抜粋。

関連サイト

THETA V(RICOH)