強力手ぶれ補正と各種センサー搭載。Garmin『VIRB 360』はエクストリームなアクティビティ向きか【360度全天球デジカメ徹底レビュー】

360度全天球デジカメ徹底レビュー6機種

「360度全天球デジカメ」選びのポイントは“使い勝手”! ハードウェアだけではなくアプリの完成度も重要に

さまざまなスタイルのデジカメがしのぎを削っているが、その中でもいま最も注目したいのが前も後ろも、上も下も、右も左も、すべての方角の景色をパノラマ撮影できる360度全天球カメラだ。自分が世界のど真ん中にいるかのような写真が撮影できるし、星の王子さまのような、小さな惑星に立っている映像も手軽に作れる。SNSでの“いいね!”も大幅UP間違いなしのビジュアルを求めるなら、これらのモデルをチョイスするのがおすすめだ。今回は数ある全天球カメラの中から、『FUSION』『THETA V』『VIRB 360』『Insta360 ONE』『Galaxy Gear 360』『PIXPRO 4KVR360』の6機種を順にレビューしていこう。

各種スポーツを撮るならコレ!

Garmin
VIRB 360
実勢価格:9万9800円

GPS機器メーカーとして名を馳せているガーミンも、360度全天球カメラの分野にチャレンジしている。ヘビーデューティな仕様で、外観にタフさが見えてくる。解像度は最大5.7K/30fps。ただし別途スティッチを含めたパソコンでの編集作業が必要なため、通常は4K/30fpsでの撮影になるだろう。手ぶれ補正が強力で、G-Metrixセンサーが取得した速度、気圧、高度、重力といったデータをオーバーレイで表示できる。スカイダイビングなどのエクストリームなアクティビティを撮るには最適だ。

SPEC
動画解像度・フレームレート:5.7K 30fpsまで静止画解像度・1500万画素相当
手ぶれ補正:あり
バッテリーライフ:65分
防水性能:10m
通信機能:Wi-Fi、Bluetooth、NFC、ANT+
USBポート:Micro USB
付属品:充電クレードル、三脚クレードル、アクションクレードル、三脚・ハンドグリップ
大柄なボディを生かして、本体部にも多くの機能ボタンを持つ『VIRB 360』。据え置いての撮影がしやすいように作られている。とはいえ、細かなセッティングはやはりスマートフォンのアプリが必要だ。アプリは、シンプルながら見やすく使いやすいものに仕上がっている。

動画・静止画・音声の品質


ポストプロダクトが必要とはいえ、5.7K/30fps録画時のクオリティは群を抜いている。輪郭が細くてシャープだし、外周部のパープルフリンジも抑えられている。静止画の品質も高い。ただし光量が少なくなってくると、途端にノイズが目立ってくる。音質は良好だ。

専用アプリの完成度


スタビライズ(電子手ぶれ補正)のモード選択や、映像のセンタリング、メーター表示の有無が選択可能。編集機能上でBGMもつけられるので、スマホアプリ内でリッチなVRコンテンツが作成できる。

周辺機器の充実度


通常のカメラ機材および、GoProに準拠したアクセサリが使える。ガーミン自身からも、豊富なアクセサリがリリースされている。中にはハートレートセンサー、ケイデンスセンサーといった、アクティビティ用途のものもある。スポーティな用途であればナンバーワンの実力を誇る。

ガジェットキュレーター武者良太の評価

きめこまやかなハードウェアの作り込み

いますぐに、自分を取り巻く世界を録画したい。その瞬間的な衝動に追従してくれる『VIRB 360』。本体側面にある大きなスライドスイッチを動かすと、電源ONとともに録画がスタートするからだ。またレンズカバーが交換可能で、もしも傷がついたとしても大丈夫。Wi-Fiの通信品質も高い。パソコン用のアプリを使うことで、『FUSION』のOver Captureと同じようなカメラワークを意識した映像も作れる。パソコンを使うのが問題ない人であれば、『VIRB 360』の実力を引き出せるだろう。

ガジェットキュレーター武者良太
1971年生のガジェットライター&キュレーター。音響機器、ITビジネスにAIなど、ガジェット市場を構成する周辺領域の取材・記事作成を担当する。

『デジモノステーション』2018年5月号より抜粋。

関連サイト

VIRB 360(Garmin)