iPhoneに直挿しの手軽さよ。バレットタイム撮影もできる『Insta360 ONE』【360度全天球デジカメ徹底レビュー】

360度全天球デジカメ徹底レビュー6機種

「360度全天球デジカメ」選びのポイントは“使い勝手”! ハードウェアだけではなくアプリの完成度も重要に

さまざまなスタイルのデジカメがしのぎを削っているが、その中でもいま最も注目したいのが前も後ろも、上も下も、右も左も、すべての方角の景色をパノラマ撮影できる360度全天球カメラだ。自分が世界のど真ん中にいるかのような写真が撮影できるし、星の王子さまのような、小さな惑星に立っている映像も手軽に作れる。SNSでの“いいね!”も大幅UP間違いなしのビジュアルを求めるなら、これらのモデルをチョイスするのがおすすめだ。今回は数ある全天球カメラの中から、『FUSION』『THETA V』『VIRB 360』『Insta360 ONE』『Galaxy Gear 360』『PIXPRO 4KVR360』の6機種を順にレビューしていこう。

iPhoneとの直接接続にも対応

Shenzhen Arashi Vision
Insta360 ONE
実勢価格:4万3000円

スマホに接続して全天球動画が撮影できる「Insta360」シリーズの最新作。Lightning端子を備えておりiPhoneとの直接接続に対応するほか、Bluetooth接続にも対応。手ぶれ補正機能や、スローモーション撮影機能も搭載する。さらにストラップをつけて回しながら撮ることで、映画「マトリックス」で有名になったバレットタイム撮影も行える。特定の被写体を自動追跡、クローズアップして画面を切り出すスマート・トラックも備えており、スマホアプリ編集時の表現力の高さが際立っている。

SPEC
動画解像度・フレームレート:4K 30fpsまで静止画解像度・2400万画素相当
手ぶれ補正:あり
バッテリーライフ:70分
防水性能:オプションの水中ハウジングケース使用で30メートル
通信機能:Wi-Fi、Bluetooth
USBポート:Micro USB
付属品:充電クレードル、アクションクレードル
360度全天球カメラにはFacebook Liveなどの機能を用いてストリーミング配信用に使えるものも多いが、撮ったままの映像しか送れない。『Insta360 ONE』は配信だけではなく、リアルタイムにエフェクトをかけられるといった特徴を持つ。

動画・静止画・音声の品質


画面中央部は、シャープで気持ちがいい映像が撮影できる。静止画も中心部は細部まで解像しており、透明感がある。反面、外周部はパープルフリンジが目立ちがちでピントはナロー。色味は落ち着きがあるもの。黒つぶれ、白飛びのしやすさも目立った。

専用アプリの完成度

撮影済みの全天球動画から、さまざまな見栄えの動画が作れる編集機能をもっている。特に被写体の自動追跡機能であるスマート・トラックが便利。名カメラマンになれたかのような気分も味わえる。トータルでのアプリのUIはまだ未完成。

周辺機器の充実度


付属品のケース兼マウントはスタンドとして使えるもので、卓上でも扱いやすい。側面に三脚穴があり、また本体が細身ゆえに、超小型の三脚でも保持しやすい。クランプ型のカメラ機材でも簡単に固定できる。Micro USB、Type-CのAndroid用のアダプタも用意されている。

ガジェットキュレーター武者良太の評価

唯一のバレットタイム撮影対応機

他の360度全天球カメラは、カメラの位置を軸とした全天球映像の撮影を行うが、『Insta360 ONE』は唯一、撮影者自信を軸とした映像が撮れる。この1点に魅力を感じるならば、『Insta360 ONE』がベストバイ。動画撮影を手伝ってくれる友達や家族がいるならば、紙吹雪やシャボン玉などを使って華やかな映像が作れるメリットを持つ。高精細な静止画をRAWで撮影できる点も、同機の評価ポイントだ。残念なのは、録画時にプレビュー画像が確認できないこと。ファームウエアでのアップデートを期待したい。

ガジェットキュレーター武者良太
1971年生のガジェットライター&キュレーター。音響機器、ITビジネスにAIなど、ガジェット市場を構成する周辺領域の取材・記事作成を担当する。

『デジモノステーション』2018年5月号より抜粋。

関連サイト

Insta360 ONE(Shenzhen Arashi Vision)