お安め価格でコスパは高い?気軽に始めるなら『Galaxy Gear 360』はアリ【360度全天球デジカメ徹底レビュー】

360度全天球デジカメ徹底レビュー6機種

「360度全天球デジカメ」選びのポイントは“使い勝手”! ハードウェアだけではなくアプリの完成度も重要に

さまざまなスタイルのデジカメがしのぎを削っているが、その中でもいま最も注目したいのが前も後ろも、上も下も、右も左も、すべての方角の景色をパノラマ撮影できる360度全天球カメラだ。自分が世界のど真ん中にいるかのような写真が撮影できるし、星の王子さまのような、小さな惑星に立っている映像も手軽に作れる。SNSでの“いいね!”も大幅UP間違いなしのビジュアルを求めるなら、これらのモデルをチョイスするのがおすすめだ。今回は数ある全天球カメラの中から、『FUSION』『THETA V』『VIRB 360』『Insta360 ONE』『Galaxy Gear 360』『PIXPRO 4KVR360』の6機種を順にレビューしていこう。

リーズナブルで満足度は高い

Galaxy
Galaxy Gear 360
実勢価格:3万2500円

コンパクトで持ち運びしやすいサイズ、グリップとして使えるボディ形状、自然なスティッチ処理など、実用に向いた仕様ながらもリーズナブルなのが『Galaxy Gear 360』だ。まるで1つ目こけしのようだが、重心は底部よりで、三脚などを使わなくても自立する。防水防塵性能も高いとあって、デイリーユースに適した作りになっている。スマホからのSNS共有も簡単で、撮ったデータをVRですぐに体験可能なのはGalaxyならでは。

SPEC
動画解像度・フレームレート:4K 24fpsまで静止画解像度・1500万画素相当
手ぶれ補正:なし
バッテリーライフ:130分(2560×1280撮影時)
防水性能:IP53
通信機能:Wi-Fi
USBポート:USB Type-C
付属品:キャリングポーチ、USBケーブル、ストラップ


本体側のディスプレイも見やすいが、専用アプリのアイコンのデザインや表示される文字の内容もわかりやすい。EVやホワイトバランスの設定も、録画画面から変更可能。ただしUIとしては練りきられていない印象も。iPhoneを使ってチェックをしてみたが、途中でアプリが強制終了するなど、やや不安定なところもあった。Androidでテストするならまた違った印象をだったかもしれない。

動画・静止画・音声の品質


画素数はライバル機とほぼ同様だが、フォーカスは全体的にナロー。パープルフリンジの存在はあまり感じられないので、あまり拡大しなければスッキリとした映像にまとまる。カラーグラデーションは豊かで、白飛びを抑えた描写をする。音質はスタンダードだ。

専用アプリの完成度

モード切り替えが直感的に行えるし、微調整も楽。撮影そのものはしやすい。撮影後も動画にエフェクトを適用できるなど、遊び心のある機能も盛り込まれている。ただし相性の問題か、iPhoneでは強制終了することがあった。

周辺機器の充実度


通常のカメラ用アクセサリーが使用できる三脚穴を装備。撮影用の純正アクセサリーはないが、Gear VRなど全天球映像をスマホで楽しむためのギアは用意されている。社外品であればケースやスキンカバー、車体マウントなど豊富に揃っている。

ガジェットキュレーター武者良太の評価

はじめての360度映像撮影にピッタリ

今回ピックアップした360度全天球カメラのなかで、唯一の3万円台。ネットショップであれば2万8000円ほどで購入できる。画質や音質を重視するならば4〜5万円台の製品を選ぶべきだが、この価格帯でさまざまな撮影が楽しめることを考えると、コストパフォーマンスの高さでNo.1。なお2016年式の『Gear 360』も、1万9000円ほどで流通している。球型のために持ちづらいが、バッテリー交換が可能でより長時間な撮影がしやすい。画質・音質はほぼ同クラスなので、より安価なモデルが欲しいのであれば狙い目だ。

ガジェットキュレーター武者良太
1971年生のガジェットライター&キュレーター。音響機器、ITビジネスにAIなど、ガジェット市場を構成する周辺領域の取材・記事作成を担当する。

『デジモノステーション』2018年5月号より抜粋。

関連サイト

Galaxy Gear 360(Galaxy)