防滴・防塵・耐衝撃・耐低温のタフ仕様!エクストリームな環境で使いたい『PIXPRO 4KVR360』【360度全天球デジカメ徹底レビュー】

360度全天球デジカメ徹底レビュー6機種

「360度全天球デジカメ」選びのポイントは“使い勝手”! ハードウェアだけではなくアプリの完成度も重要に

さまざまなスタイルのデジカメがしのぎを削っているが、その中でもいま最も注目したいのが前も後ろも、上も下も、右も左も、すべての方角の景色をパノラマ撮影できる360度全天球カメラだ。自分が世界のど真ん中にいるかのような写真が撮影できるし、星の王子さまのような、小さな惑星に立っている映像も手軽に作れる。SNSでの“いいね!”も大幅UP間違いなしのビジュアルを求めるなら、これらのモデルをチョイスするのがおすすめだ。今回は数ある全天球カメラの中から、『FUSION』『THETA V』『VIRB 360』『Insta360 ONE』『Galaxy Gear 360』『PIXPRO 4KVR360』の6機種を順にレビューしていこう。

タフなボディでアクティビティのお供に

KODAK
PIXPRO 4KVR360
実勢価格:5万7500円

コダックは水平360度の半天球カメラを得意としていたが、市場の需要に合わせて360度全天球カメラもリリースしてきた。他社製品と大きく違うところは、前後のレンズサイズが異なる部分。『PIXPRO 4KVR360』は、235度の半球をカバーするレンズと、155度の半球をカバーするレンズが組み合わさり、全天球・半天球・16:9の映像が1台で撮影できる。本体は強固に作られており、2mの耐衝撃性能、IP6X・IPX5相当の防滴防塵性能を持ち、-10度までの低温にも耐えられる。

SPEC
動画解像度・フレームレート:4K 24fpsまで静止画解像度・2068万画素相当
手ぶれ補正:あり
バッテリーライフ:80分
防水性能:IPX5
通信機能:Wi-Fi、Bluetooth
USBポート:Micro USB
付属品:レンズカバー、バッテリーチャージャー、USBケーブル、ソフトケース、三脚、リモコン
4K 24fpsで録画する場合、『PIXPRO 4KVR360』内でのスティッチはできない。パソコンにデュアルグローバルデータを転送し、パソコンのアプリでスティッチする必要がある。スマホアプリで手軽に扱えるデータは4K 15fpsまでとなる。

動画・静止画・音声の品質


全体をシャープに録画しようとはしているが、ビットレートが足りないのか細部は潰れがちとなる。360度全天球撮影時は、手ぶれ補正機能が効かないので注意が必要。利点は外部マイク端子。ウインドジャマーをつけたマイクが装着できるメリットは大きい。

専用アプリの完成度

データ書き出し時には、シンプルで使いやすいトリム編集機能が使える。VRゴーグルに合わせた映像再生機能もサポート。さらにパソコン用のKODAK専用アプリを使えば、画像処理も行える。撮影後のデータをSNSで簡単に共有可能だ。

周辺機器の充実度


三脚やリモコン、レンズカバーやケースが付属されている。また補修レンズなどの、使い続けていく中で、自分に合ったアクセサリーを追加していきたい。また全45種類の豊富な周辺機器が購入可能。通常のカメラ用のアクセサリーの使用できるのもうれしいポイントだ。

ガジェットキュレーター武者良太の評価

どの極地で何のアクティビティを録るか

『PIXPRO 4KVR360』のセールスポイントは、タフな本体につきる。単体でも雨天で使える防水性能は頼れるものだし、高い場所から落としても問題ない耐衝撃性能も持っている。大きく飛び出したレンズは傷がつきやすいものだが、こちらも簡単に交換が可能だ。さらにUSB外部給電を使えば、4Kで約8時間以上の連続録画できるのもありがたい。なお暗い場所ではノイズが目立ちやすい。『PIXPRO 4KVR360』は、基本的にアクションカムのVR版だという認識を持っておこう。

ガジェットキュレーター武者良太
1971年生のガジェットライター&キュレーター。音響機器、ITビジネスにAIなど、ガジェット市場を構成する周辺領域の取材・記事作成を担当する。

『デジモノステーション』2018年5月号より抜粋。

関連サイト

PIXPRO 4KVR360(KODAK)