映画『X-MEN』の制作陣による、新たなミュータントの物語【この海外ドラマが間違いなし!『The Gifted』】

【この海外ドラマが間違いなし!】定番の名作から最新作までおすすめ海外ドラマをピックアップ。これさえ観ておけば間違いなしのおすすめ作品をご紹介します。今回取り上げるのはこちら!

『The Gifted』の見どころは?

マーベルの人気シリーズ『X-MEN』の映画制作スタッフが手がけるドラマ『The Gifted』。“家族の絆”がテーマで、迫力あるアクション・シーンとヒューマンドラマの組み合わせが見どころだ。

製作総指揮を手がけるのは、映画『X-MEN』シリーズの生みの親ブライアン・シンガー。映画『X-MEN: フューチャー&パスト』のブリンクが本作にもミュータントとして登場する。

ご存知の方も多いかもしれないが、『X-MEN』シリーズにはミュータント(突然変異体)と呼ばれる様々な特殊能力を持った人々が登場する。このような特殊能力を持つミュータントは多数派の人間にとって脅威になりうることから、迫害を受けているのだが……。そんな世界観は本作でも受け継がれている。本作でメインキャストとなるのは、2人の子どもがミュータントだと発覚したストラッカー家だ。子どもたちを差別や迫害から命がけで守る父親の姿に、きっと胸を打たれることだろう。

愛する子どもたちはミュータントだった……。仕事と家族の間で葛藤する父親

リード・ストラッカー(スティーヴン・モイヤー)は、ミュータントの犯罪者を取り締まるベテラン検察官だ。家庭では、妻と2人の子どもを愛する“良き父親”としての顔も持つ。

息子のアンディはおとなしく内気な少年で、どうやら学校でいじめに遭っているようだ。そんなアンディのことを心配したリードと妻ケイトリン(エイミー・アッカー)は学校に相談に行くが、教師は責任逃れの発言を繰り返すばかりで真剣に対応してくれない。

ある日、アンディは学校でいじめられている最中にミュータントとしての能力を思いがけず発揮する。自分でも能力をコントロールできず、建物全体を破壊してしまう。機転が利く性格で弟想いの姉ローレン(ナタリー・アリン・リンド)がすぐ異変に気づき、アンディを助けにいく。パニックに陥っているアンディをなだめて救出した直後、実は自分もミュータントであると家族に打ち明けた。

特殊能力を持つマイノリティのミュータントは、人類全体にとって危険であるという理由で迫害を受けている。アンディが起こした事件を受けて、反ミュータント政府組織『センチネル・サービス』はストラッカー家を訪問し、アンディの身柄を引き渡すよう要求するのだった。

リードとケイトリン夫婦は、アンディとローレンが2人ともミュータントであったことにショックを受けながらも、愛する子どもたちを守るために全てを捨てて逃亡生活を始める……。

映画さながらの迫力ある映像! マイノリティへの差別についても考えさせられる

アメコミ系海外ドラマ全体に言えることだが、一目見てその“お金のかかりっぷり”に圧倒される迫力の映像美が堪能できるのも魅力のひとつだ。ミュータントが特殊能力を駆使して戦うシーンでは、特にその優れた映像技術を実感できるだろう。

また、ミュータントは“現実世界で差別されているマイノリティ”のメタファーとも言われている。「もし自分の子どもがそうだったとしたら」という風に、自分事として差別問題を考えるきっかけを与えてくれる。マジョリティにももちろん犯罪者はたくさんいるのだが、ミュータントの場合は特殊能力を有していることと数が少ないことから余計に厳しい視線を向けられがちだ。

これまで国の安全のために使命感を持って忠実に職務を全うしてきたリードだが、自分の子どもがミュータントであると発覚した時から今までの価値観が揺らぎ始める。ミュータントの犯罪者を取り締まる検察官としての立場と、家族を守るひとりの父親としての立場の間で揺れ動くリードの心理描写にも注目だ。

『The Gifted』
海外ドラマ専門チャンネルFOXにて、2017年12月26日(火)22:00より放送中
<二カ国語>毎週火曜 午後10時~11時ほか <字幕> 毎週火曜 深夜0時~1時ほか
※シーズン1初回放送最終回は2018年3月20日
(C)2017 Fox and its related entities. All rights reserved. MARVEL TM & (c)2017 MARVEL.

関連サイト

The Gifted(FOX ネットワークス)