画質&音質は実物やレビューをチェック。テレビ・ホームシアター機器はこれが買い!【Amazon.co.jpで今買うべき銘品50】

【各ジャンルのプロがセレクトする Amazonで今買うべき銘品50】

「数億アイテムを超える」取扱商品数を誇る国内最強の通販サービス「Amazon.co.jp」。その無数のラインナップの中から、今買うべき銘品を本誌ライター陣がピックアップ!Amazonでの正しい&賢い選び方もアドバイスします!!

価格にまどわされず、しっかりと製品を吟味する

Amazon購入時に注意したいのは実際に物を確認できないこと。A&V機器は画質や音質の実力も重要なので、ショールームなどで実物を確認するほか、ユーザーレビューを参考にするなど、失敗のないようにしたいところです。

特に買い換えのための需要が増している薄型テレビは、ついつい価格を優先しがちですが、4KテレビならばHDR対応などのスペックも要確認。スペック表を元にテレビ置き場にどのように収まるかもシミュレーションしておきましょう。案外、より大きなサイズでも家に置けるとわかるはずです。

肝心なのは目的に合った製品をじっくり吟味することです。これさえできれば、低予算でも満足度の高い買い物ができるでしょう。

No.1
高画質な有機ELテレビがさらに身近に

LGエレクトロニクス
OLED 55B7P
Amazon価格:23万8000円

20万円台前半という低価格が魅力の有機ELテレビ。安価とはいえ、映像面ではドルビービジョンやHDR10対応、音質面ではドルビーアトモス対応と、上級機と変わらないスペックを備えている。ほか、最新スマートOS、webOS3.5によって、軽快な操作感や、NETFLIXをはじめとする動画配信サービス対応も実現。パネルの薄さを活かしたスリムデザインも魅力だ。

新世代の有機ELパネルを採用し、さらなる高輝度化を実現。暗部の再現性も向上した(写真上)。画面周囲のベゼルやスタンドも細身とし、スリムなデザインを採用(写真下)。

 

No.2
画質だけでなく音質も充実の実力派

シャープ
AQUOS LC-50US45
Amazon価格:11万4800円

外光の映り込みを低減するN-Blackパネル採用の4K液晶テレビ。HDRにも対応し、4Kコンテンツの高画質を存分に楽しめる。内蔵スピーカーはオンキヨーとの共同開発で、前面に開口部を備えてクリアな音を再現。サブウーファーも内蔵、迫力ある音を楽しめる。テレビ録画はダブル録画にも対応している。

前方のスピーカーだけでなく、背面に内蔵したサブウーファーの音もポートを通じて前面から放射される。

 

No.3
お買い得ながら4K&HDRに対応

BenQ
HT2550
Amazon価格:19万8000円

約20万円の価格でHDRに対応した4Kプロジェクター。0.47型のDMD素子を使ったDLP方式で、投射レンズも色収差を抑えた高品質なものを採用。豊かな色を再現する「CinematicColor」など、数々の高画質技術が盛り込まれている。スピーカーも内蔵しながら、横幅353mmとサイズもコンパクトで、設置場所に困らない。

 

No.4

ヤマハ
RX-V383
Amazon価格:2万4737円

ネットワーク機能などを持たない、シンプルな5.1chAVアンプ。独自のサラウンド機能「シネマDSP」の採用をはじめ、自動音場補正機能などはきちんと備える。アンプ回路も基本設計は上級機と共通で、クラスを超えた実力を備えている。

 

No.5

JBL
BAR STUDIO
Amazon価格:1万7280円

横幅614mmとコンパクトなサイズのサウンドバー。HDMI(ARC)端子を備えており、テレビとHDMIケーブルの接続だけで手軽に使えるのが便利。スピーカーは左右それぞれ2つのユニットを搭載しており、迫力のある音を楽しめる。テレビの音に物足りなさを感じている人におすすめだ。

本特集に掲載されているAmazon販売価格は2018年3月15日時点のものです(編集部調べ)。また、記事の内容についてアマゾンジャパン合同会社は一切の責任を負いません。個別の商品に関する問い合わせもご遠慮ください。

 

『デジモノステーション』2018年5月号より抜粋。