これぞ通好みなロボ!『パシフィック・リム:アップライジング』のプラモ『HG ブレーサー・フェニックス』を作ってみた

先日ジャパン・プレミアが開催された、2018年4月13日公開の映画『パシフィック・リム:アップライジング』。この作中にて人類が「KAIJU(怪獣)」と戦うために配備する巨大ロボット「第6世代イェーガー」は、前作と比較してスマートなフォルムになったのが外観上の特徴だ。

そんな新型イェーガーのなかでも、旧世代の面影を残すような“人型のシルエットを外した”デザインで玄人好みなのが「ブレーサー・フェニックス」。今回は、発売されたばかりとなる「ブレーサー・フェニックス」のプラモデルをさっそく製作してみた。

HG ブレーサー・フェニックス』という製品名から察しがつく通り、バンダイホビー事業部による非常によくできたフル可動モデルである。パーツ点数も適度なボリュームで、素組みならおよそ2時間前後で完成させられるはずだ。

全体的に、内部パーツに外装を取り付けていく工程が多いのは、前回の『HGジプシー・アベンジャー』同様、このシリーズの特徴のひとつ。比較的小スケールのキットながら、まるで机上でイェーガーを建造しているような気分に浸るれるよう考えられた設計である。

特徴的な構造の脚部。複雑なパーツ分割だが、組みあがって全貌が見えたときには思わず「おおっ」と興奮させられた。製作中は立体パズルを作っているような面白さを感じることができる。

各可動部の随所にはボールジョイントが配され、特異なシルエットのメカながらも、ポージングの自由度が高いことが窺える。デザイン上の制約から首周りなどの動きには限界があるものの、四肢は自由自在に動くし、胴体を大きく捻ったポーズも思いのままだ。

まだ日本では映画本編が公開されていないため、この「ブレーサー・フェニックス」がどんな活躍をするのかは不明な部分が多い。とはいえ、キットでは胸部の固定武装「ボルテックスレールガン」を差し替え式で再現可能になっており、そのゴツい体躯による白兵戦から砲撃まで、戦闘における見どころは多そうな予感がする。

よく見ると左右非対称な拳のナックルガードも、そんな戦闘スタイルに関係しているのではなかろうか。プラモデルを組み立てて機体構造がイメージできるようになることで、ますます映画本編への期待度も高まってくる。

ちなみに本キットには小型イェーガー『スクラッパー』も付属する。かなり小さなサイズだが、腕に覚えがあれば、塗装してしっかり仕上げてみるのも良いだろう。

そして来週は、いよいよ「国籍不明の謎の機体(イェーガー)」とされる、『オブシディアン・フューリー』のキット製作レポートをお届けする。こちらも期待してほしい。

関連サイト

PACIFIC RIM :UP RISING(バンダイ ホビーサイト)