クルマ好きならグローブに拘れ。六本木の「ル・ガラージュ」でドライビンググローブフェアが開催されるぞ

東京都内、六本木にあるカーグッズのセレクトショップ「LE GARAGE(ル・ガラージュ)」が、2018年3月31日から5月6日までの期間で上質なドライビング・グローブの販売・セミオーダー相談イベント『Driving Glove Fair』を開催する。

期間中は、普段まず見ることのできないグローブ作りの工具が店内に展示されるとともに、知る人ぞ知る香川県発のレザーグローブブランド「CACAZAN」代表の出石尚仁氏とグローブ職人によるセミオーダー相談会が実施される。それにしても、こうした工具に囲まれながら自分専用のグローブをオーダーできる機会などそうそうない。

ル・ガラージュでは「クルマ用はもちろん、バイク用、さらに普段使いできるグローブまでセミオーダーを受け付けるので、誰でも気軽に足を運んでほしい」としている。

なお、会期中は新作グローブに加え、フェアを記念したル・ガラージュオリジナルグローブも併せて展開。上写真の『グローブフルフィンガーLE GARAGEオリジナル』は、S、M、L、LLの4サイズ展開で、価格は各色とも2万6000円。これだけ作りのしっかりした本革製ドライビンググローブとしては、決して高い買い物ではないという。

上の見慣れない器具は、「CACAZAN」製グローブの立体的な形状を生み出すキモとなる、グローブ用アイロン。こうした器具を間近に見られるというだけでも、フェア中に来店する価値があるというものだ。

通常のドライビンググローブ(上写真左)と『グローブフルフィンガーLE GARAGEオリジナル』(同右)を比較すると、立体感が段違い。これにより着け心地が良いだけでなく、運転中の疲労軽減にもつながるのだそう。ちなみにフェア期間中に受け付けられるセミオーダーでは、親指部分のカラーだけを別色に変更するといったカスタマイズにも応じてくれる。

ちなみにセミオーダー品の仕上がりまでの期間はおよそ1カ月が中心。早めにオーダーすれば、ドライブに最適な初夏の時期にも十分間に合うことだろう。

店内にはグローブ以外にも、エンスージアスト(クルマ狂)たちが歓喜すること間違いなしのアイテムが所狭しと並ぶ。まだ訪れたことがないというクルマ好きの諸兄には、この機会にぜひ足を運んでいただきたい。


LE GARAGE(ル・ガラージュ)

〒106-0032 東京都港区六本木5-17-1AXISビル1F
TEL:03-3587-2785 FAX:03-5572-7891
営業時間 11:00 〜19:00


関連サイト

カーグッズのセレクトショップ(LE GARAGE)