タフネスデザインが頼もしい、電動ファットバイク『Model RB1000』。そのお値段にはちょっとビックリ!?

現在ではすっかり普及が進んだ電動自転車には、都市向けからアウトドア向けまでさまざまなスタイリングのものが存在する。米Rogue Ridgeが販売しているのは、タフネスさを体現しどっしりとしたフレームデザインの電動ファットバイク『Model RB1000』だ。

『Model RB1000』は、Bafang製モーターとパナソニック製バッテリーを搭載し、ハンドルでのスロットル操作により最高時速30マイル(時速約48km)での電動走行が可能だという。ペダリングなしでの航続距離も29マイル(約47km)と、まあまあ悪くはないスペック。ハンドル中央のディスプレイでは、走行スピードや平均移動スピード、走行距離、バッテリー残量などを確認することができる。

ファットバイクらしく幅4インチの極太タイヤを履き、オフロード走行にも適した『Model RB1000』。アルミフレームのゴツさもあってか、車重は63ポンド(約29kg)とやや重め。だが、その車体はMozo製の油圧フォークが支えているし、制動装置も安心感のあるディスクブレーキ。こうして見ると、車体装備はいたってゴージャスなものだ。

ただし、価格はなんと4600ドル(約49万円)。こだわりの車体設計やスペックのせいもあってかなかなかの高額だ。日本で乗れるかは別問題だが、残念なことにアメリカ国内のみの配送となる模様。

関連サイト

Model RB1000(Rogue Ridge)