腕力よりも知力が重要?フリークライミングの奥深い世界に足を踏み入れてみた【新定番 アウトドア遊び】

【新定番 アウトドア遊び】

平日は多くの人が自らを律して働く。だからこそ、休日はより弾け気味にアウトドアへと繰り出すべき。せっかくなら、今年は新定番な遊びを取り入れてはいかがだろうか? キーワードはずばり泥! 非日常体験がチャレンジする気持ちと大きなリフレッシュをもたらすはずだ。

見たことのない景色がそこにある。目指せ! 完登

数年前から人気の高まりを見せていたフリークライミング。2020東京オリンピックでスポーツクライミングが正式種目となったことで、さらなる注目を集めている。なぜ人は壁を登るのか? 人を惹きつけるフリークライミングの魅力を探った。

余計なことは考えない。ただひたすら巨大な壁と向き合う時間

ウォールにはカラフルで形も様々なホールドが、下から上までびっしりと配置されている。その壁を道具を使わずに登るフリークライミング。今回、その魅力について伺ったのは、東京・昭島にあるアウトドア専門の商業施設「モリパーク アウトドアヴィレンジ」のクライミングジム「PLAY」のインストラクター・柴田達也さん。

「フリークライミングには大きく分けて、安全確保のためのロープを使い2人1組で行うルートクライミングと、落下時の安全確保にマットを使うボルダリングの2種類があります。最近、屋内ジムが人気なので、ボルダリングを屋内でするものと思われている方も多いですが、本来ボルダリングとはひとつの岩(岸壁ではない)を登るスポーツのこと」

かく言う柴田さんもかつては屋内だけで十分楽しいと思っていたそう。「ところが初めて自然の岩を登ったとき、人工の壁では味わえない達成感にヤラれました。それはルートクライミングも同じで、やはり自然の岩を登るのが楽しい。自分と向き合い、落ちる怖さをスキルで克服しながら登り切る、つまり完登したときは感動モノです。その病み付きになる感覚をぜひ知ってほしい。そのためには、屋内ジムでの練習が欠かせません。じゃあ、さっそく登ってみましょうか!」

フリークライミング
Free Climbing

スポーツクライミングとの違いは?
フリークライミングが本来、天然の岩場をメインフィールドとするのに対し、スポーツクライミングは人工のウォールで行われるスポーツであり、競技性が高いのが特徴。スポーツクライミングには、「リード」「ボルダリング」「スピード」の3種目あり、オリンピックでは3種目の合計によって順位が競われることとなる。

ルートクライミング

2人1組で行う。クライマーと地上のピレーヤーは腰のハーネスにロープを通し、クライマーの安全を確保する。壁のカラビナにロープをかけながら登るリードと、かけてあるロープを使い登るトップロープクライミングがある。

ボルダリング

安全確保のためのロープを使用せずに、1人で登る。ボルダリングの語源であるボルダーとは丸くなった大きい石を意味し、2〜5m程度の岩を攻略する。国内でも数多くの岩に岩ごとのルートや難易度が設定されている。

ボルダリング(屋内)

屋内のクライミングジムに設置されたボルダリングウォールで行うボルダリングが、最近では多くなってきた。ウォールの高さは5mでマットの厚みは30cmある。難易度ごとにルートが設定されており、完登を目指す。

ストイックにして、変幻自在なスタイル。

屋内のボルダリングウォールを軽々といとも簡単に登り、ゴールに設定されたホールドを両手で掴むインストラクターの柴田さん。力が入っているようには見えない。

「力はもちろんある程度は必要ですが、それはやっていくうちに身に付くものです。それ以上に頭を使うロジカルなスポーツなんですよ。手と足をどこに置いて、どういう順番でホールドをたどって登るか。自分の体力を見極め、力を蓄えながら完登へのイメージを考えて登るストイックさも要求されます」

ウォールをよく見ると、下から上まで同じ色のホールドが順番に配置され、ルートの難易度ごとに同じ色のテープで印が付けられている。

「ルートには難易度があり、ビギナーレベルの10級から6段まであります。5段、6段ともなると天然の岩でかなりシビアなルート設定がされているような最難関のグレードです」

同じ傾斜の壁なのに、レベルによって難しさが違う。10級にチャレンジしてみると、初めてでも完登できた!

その高さから見る世界は、自分だけのもの。己の頭と体を信じて完登したときの達成感はやみつきになる。

つま先だけでぶら下がれます

ブルース・リーのような肩甲骨

熟練クライマーは常人には思いもよらない動きをする。肩甲骨がらくだのように盛り上がっているが、これを「立甲(りっこう)」と言う。肩甲骨をはがすような感覚で動かすことで、肩周りを柔らかくし可動域が上がるのだ。また、ルーフと呼ばれる逆さのウォールを登るのには、体幹の力がかなり重要になってくる。柴田さんはしばらくの間、ルーフに張り付いていた。

フリークラミングでは、シューズ選びが重要。つま先からかかとまで使ってホールドするため、ラバーで覆われている。また、ビギナーでも普段履く靴のサイズより1cm小さめを選ぶ。

【Profile】
柴田達也さん:「PLAY」のインストラクター。フリークライミング歴は5年。体脂肪率は7%。栃木県那須塩原をメインフィールドに岩と向き合う。

登り方の基本を知る

1.

ウォールが手前側にオーバーハングしている場合、腕の力を使い体を壁に引きつけるのではなく、腕を伸ばしたままにすることで無駄な筋肉を使わないようにする。

2.

足は母指球で体を支えるのではなくつま先を使うことで、左右の振りに対応できる。

3.

登る前に地上から下見(オブザベーション)をして、ルートを確認する。

巨大なウォールはここにある!

2015年オープンのアウトドアに特化した商業施設。16のブランド直営店と、野外スポーツの体験コーナーがある。奥多摩エリアのアウトドア情報も充実している。

MORIPARK
Outdoor Village

モリパーク アウトドアヴィレッジ内でクライミングジムとヨガスタジオが楽しめる。屋外の高さ16.45mのクライミングウォールは、国際競技会の開催も可能。

PLAY
昭島アウトドアヴィレッジ店

おすすめクライミングシューズ

ビギナー向けのエントリーモデル
イタリア語でスカルパとは、靴を意味する。バックカントリースキー用ブーツやトレッキングブーツのブランドとしても知られる。オールラウンドに使え、快適な履き心地を提供してくれるオリジンはビギナーに最適。

SCARPA
オリジン
実勢価格:1万800円

オールラウンドに楽しめるシューズ

北イタリアに製造拠点を持つスポルティバ社。アウトドア全般のシューズを現地の自社工場で製造している。ニューモデルのカタナは、オールラウンドシューズの決定版として登場。つま先の剛性も高く、足裏感覚にも優れる。

LA SPORTIVA
カタナ
実勢価格:2万304円

初級から上級まで幅広く使える

日本の若き女性クライマー・白石阿島も愛用するシューズブランド、イボルブ。そのエントリーグレードとして定番の人気を誇るモデル。アッパー部分も柔らかく履きやすい。ビギナー向けながら、上級者もカバーする。

Evolv
デファイ
実勢価格:1万5120円

『デジモノステーション』2018年5月号より抜粋。