エコの境地へ。メキシコの竹製自転車『BambooMotion』のクラウドファンディング達成なるか!?

日常的に見かけることはそれほど多くないが、実は世界各地で作られている「竹製フレーム自転車」。見た目以上に強く、製造における環境負荷が低いため、持続可能性の観点からも有益だと考えられているという。そんな竹製自転車のなかでも、メキシコシティで誕生して地道なブラッシュアップを続けられているのが、この『BambooMotion』。現在はKickstarterでのクラウドファンディングに挑戦中だが、目標金額の達成に漕ぎつけられるかは、微妙な情勢だ。

メキシコの工房にて手作りで一台一台生産されるという『BambooMotion』。自然素材に由来する個体差を避けて通れないのはもちろん、ハンドメイドによるビーズ飾りなどの装飾が加えられ、まさに“世界にただ一つ”の自転車へと仕上げられていく。使われている竹材は全てメキシコ湾エリアで伐採されたもので、ある意味「地産地消」的な側面があるとも言えるかもしれない。

もちろんフレーム以外の箇所には金属などで作られる通常の自転車パーツが組みつけられ、こうした仕様の違いによってもその表情を大きく変える。また、竹製のフレームそのものも、表面仕上げなどの違いでいくつかのバージョンがありそうだ。

なお、現在Kickstarterで行われている『BambooMotion』プロジェクトの締め切りは、2018年4月21日までと残りはもう僅か。ただ、プロジェクト成立時に自転車を入手できる出資枠は7000メキシコペソ(4万円強)からなのだが、残念なことに日本への車体発送には対応していない。もし日本からこのプロジェクトを支援したいなら、Kickstarterページ上に世界各国へ発送可能な竹製品がいくつか用意されているので、そちらを選択すればいいだろう。はたして目標金額の達成なるか? なかなか気になるプロジェクトだ。

関連サイト

BambooMotion | Inventa una nueva movilidad sustentable by Thomas(Kickstarter)
Bamboo Motion