春は自転車の季節!フツーに飽きたら河川敷のオフロードで泥んこアドベンチャー【新定番 アウトドア遊び】

【新定番 アウトドア遊び】

平日は多くの人が自らを律して働く。だからこそ、休日はより弾け気味にアウトドアへと繰り出すべき。せっかくなら、今年は新定番な遊びを取り入れてはいかがだろうか? キーワードはずばり泥! 非日常体験がチャレンジする気持ちと大きなリフレッシュをもたらすはずだ。

泥道、土手道、砂利の道。
雨上がりは、まさにジャストタイミング。走れ!河川敷

春だ! キタキタ、きましたよ、自転車の季節! でもちょと待って、ヒルクライム、ロングライドにポタリング……、去年と同じじゃちょっとマンネリ気味じゃありません? そんな時こそ舗装路からの離脱のススメ。チョイ脇道に逸れた河川敷のオフロードへGO。身近にこんなアドベンチャーが……!?

グラベルライドイベント“泥”輪ピック第一回大会 in 荒川
Gravel Ride

サイクリングロードが整備された河川敷の、その脇に点在するオフロード、ダートロードを繋ぎながら、思いつきのミニレースや、ゲームを交えて“泥”に親しみ、“泥”の深い理解に努める有志の自転車走行会。これまでも手を変え、品を変え、名を変え開催されてきた。出場資格不要、年齢性別経験不問、門戸全開の社会の窓から広く参加者を募集中。

首都圏、荒川や多摩川のサイクリングロードを中心に、オンオフ問わず遊び倒している10〜40代の自転車狂男子9名。ガチの競技者から、自転車旅の達人、マッタリサイクリング派と趣向は様々でも、”泥”が主食です! が共通の見解。泥をいただくための“お箸”としての自転車にも、それぞれの個性が光る。とくとご覧あれ。

河川敷には、自転車を楽しむための地形、要素が詰まってるんです。

自転車仲間に面白いグラベルライドイベントがあるよ、と誘われて行ってみた。グラベルって、オフロードのことだよね? 「“泥”輪ピック第一回大会」だそうな。

首都圏を流れる一級河川荒川の河川敷には、自転車に跨がる男たちが集っている。すでにわいわいとにぎやか。総勢10名ほど、参加者はホビーライダーからシリアスレーサーまで様々で、10台の自転車が個性を放っている。

ドロップハンドルのシクロクロスや、MTB、ギアなしのシングルスピーダーや、なにやら魔改造を施したアヤシゲな自転車まで。ジャンルや統一感は無く、見ているだけで十分楽しい。「“泥”輪ピック」だけに、普通の自転車走行会には見えないメンツとマシン、果たして何が始まるのか?

定刻に荒川サイクリングロードを走り出した一行を追いかけると、快適な舗装路ライドはほんの一瞬。先頭がハンドルを切った先は、土手下の未舗装路、まさにオフロードだった。

河川敷には、デコボコ泥道、土手バンク、水たまりなど、地形に隠れた魅力がいっぱい。ちょっとの距離なのに、”乗った感”大なのもお得だ。

折しも降り続いた雨で路面はぬかるんで、ところどころ大きな水たまりができている。

ヌルヌル、デコボコの自動車の轍も油断できない。そんな道に、参加ライダーは容赦無く突入していく。水たまりには我先に突っ込む、ぬるぬる泥道は、その攻略にラインどりを競い、砂利道ではここぞとばかりにズザザーッとテールスライドさせる。ちょっとしたバンプは見逃さずジャンプだ。皆、オフロードに見つけた小さな変化で、思い思いに遊んでいる。

濡れたい!でも、濡れたくない!

スピードは速くない、いや、オフロードの路面抵抗で速く走れないが正解だ。時々、すっ転ぶ参加者もいるが、柔らかい土の上に転げて泥にまみれて笑っている。オンロードではこうは行かない。

しばらく走って小休憩。みな嬉々とした表情で、コース談義に花を咲かせている。来た道を振り返って見ると、スタート地点の橋が見えている。実は大した距離は走っていないよう。それなのに満ちるこの充実感、なんだか不思議な気分だ。泥にまみれて楽しい気分、子供の時の泥遊び以来かもしれない。


近所の河川敷で、持ってる自転車で十分アドベンチャーですよ。

さて、後半はちょっとしたミニゲームが始まる。なるほど「“泥”輪ピック」。

第一競技は、土手ののり面についた急勾配の一本道、もちろんダート道をシンプルに駆け上がる“土手ヒルクライム”。パワーじゃなくテクニックが必要なんだそうだが、登るより降る方がはるかに楽しい……。

土手に出来た泥の一本坂道を見つけたら、土手ヒルクライムが突然開幕する。急勾配の泥道はチカラでは制覇できない。キモは荷重とペダリング。小さな路面変化にも注意が必要。油断すると土手の泥が牙を剝く。でも転んでもケガしずらいのが土手の不思議。アスファルトに無い優しさが、土手にはある。


ダメなら担ぐ!

そして、いきなりの「“泥”輪ピック」ハイライトは“白シャツ”クロスだ。各自持ち寄った白シャツを羽織ると、主催者とっておきの泥の水たまり直線コースを使ってレースするのだ。勝敗は速さではなく、シャツのキャンバスにいかに美しい泥ハネを描けるか。なにそれ?だけど、コレがなんとも楽しい。

例えば雨上がりは千載一遇のチャンス到来。使い古した白ワイシャツ一枚羽織って河川敷に集合したら、泥の水たまりセクションは白熱のミニレース場に。でも、勝敗は速さではない。いかに美しい泥はねを無垢の白シャツに描けるか!ラインどり、ハンドルさばき、仲間との泥ハネ合戦が命運を分ける。


白シャツに踊る泥ハネ……アートやー!

身近な河川敷と、自転車だけでこんなに遊べるなんて、と目からウロコの1日だった。

河川敷オフロード入門車

全天候全地形制圧マシーン
オン&オフロード問わず快適性のバランスに優れる。最大50mmを誇る広いタイヤ幅は、ますます使い道を選ばない。

SALSA CYCLES
VAYA(TIAGRA組)
価格:22万4640円

疾駆するマッチョ男

都会から野山までを標榜するMade in USA、All-Cityの名作。
フラットハンドル仕様で、全地形での操作性に折り紙つきだ。

All-City
MACH MAN(Sram Apex組)
価格:18万5760円

シングルスピードMTBの父

今やトレンドになった29インチシングルスピードMTBの先駆け的存在。頑丈さと変速機のないシンプルなカッコよさは色褪せぬ魅力。

SURLY
KARATE MONKY SS
価格:18万9000円

『デジモノステーション』2018年5月号より抜粋。

※堤防の法面(堤防の内側ならびに外側の斜面部分)を自転車で走る行為自体は、河川法により明確に禁止行為と明示されているものではありません。ただし、場所や状況、走り方、さらには河川事務所の見解などにより、堤防の法面を上り下りする行為は、堤防自体を損傷する行為に該当すると判断される場合もあります。念のため、河川事務所の各河川を管理する国土交通省管轄の河川事務所などに然るべき許可申請などを取った上で、注意喚起や禁止行為などを記載した看板などの有無、路面環境や周囲の歩行者などには十分配慮してください。