アウトドア×着物!?スノーピークと老舗和装メーカーが送る『OUTDOOR * KIMONO』がシブい

マルチスタンドやギガパワーストーブ、チタンシングルマグやペグハンマーといった数々の名品を生み出してきたキャンパーの憧れのブランド、スノーピーク。そのスノーピークが100年以上に渡って着物文化を伝えてきたきものやまととコラボレーションを果たし、アウトトドアシーンで気軽に着ることかができる『OUTDOOR*KIMONO』をリリースした。

ちなみにきもののやまとは1917年に創業し、現在では日本全国に120店舗を構える着物専門店だ。 古事記に詠まれた、いにしえの国の名を社名とし、幅広く、奥深い、着物の世界を創造。これからの日本の女性たちが凛として美しく、着物文化の真髄を経験してほしいと願い、弛まぬモノ作りを続けている。そんなわけで、今回登場した『OUTDOOR*KIMONO』は、“着物で楽しむ日本らしいアウトドアの雛型を一緒に創りたい”という両社の想いから誕生したのだという。

何と言っても『OUTDOOR*KIMONO』の特徴は、帯をしなくても着用できるところ。ウエスト部分にボタンが取り付けられており、取り外し可能なバックルベルトで留められるようになっている。また、素材には東レが開発した軽量で通気性と速乾性に優れる「ドットエア」を採用。和装の美しさを保つため、日本国内の和装に熟知したスタッフのもとで仕立てられているという。

2018年4月25日(水)に正式販売が始まる『OUTDOOR*KIMONO』だが、すでにスノーピークオンラインストアでは予約受付が開始されている。なお、4月20日(金)にはスノーピーク表参道店にて先行発売会も開催されるとのこと。アウトドアと着物、なかなか異色な組み合わせのようにも思えるが、欧米スタイル一辺倒のアウトドア業界に日本の息吹を吹き込む面白い試みと言えるかもしれない。

関連サイト

OUTDOOR*KIMONO