ラテアートならぬ“ビールアート”!?文字や絵柄を自動で描いてくれる『Beer Ripples』

カフェラテの泡に文様や絵柄を描いた「ラテアート」、最近ではちょっとした喫茶店でも見かけることが多くなってきた。もちろん、ラテアートがあろうとなかろうと、飲み物の味自体は変わらないもののちょっと嬉しい気持ちになる。それならカフェラテ以外の泡にもアートしてしまえばいいじゃないか、そんな発想から生まれたのかはわからないが、イスラエル企業のRipplesから登場した『Beer Ripples』は、ビールの泡にアートできるという“ビールアート”マシンなのだ。

『Beer Ripples』の使い方はとても簡単。泡が立つようになみなみとグラスにビールを注ぎ、本体下部に置く……。

続いて本体上部のディスプレイで好みの文字やイラストを指定すれば、正確な“ビールアート”を描いてくれるそう。スマートフォンのアプリから文字やイラストを転送することもできるという。

同社が販売するラテアートマシン『Coffee Ripples』ではコーヒー豆の成分で模様を描くとされているが、『Beer Ripples』がどのように模様を描くのかは明示されていない。ビールの原料となる麦芽やホップを利用するのだろうか? ともあれ、『Beer Ripples』はアメリカやカナダ、イスラエルでの販売がすでに開始されている。その他の国から購入希望の場合はウェイティングリストへの登録ができる状況だ。購入価格や配送方法などは直接のやり取りで案内されるようだが、スポーツバーやレジャー施設などの店舗に導入すれば大きな集客効果が見込めるのかもしれない。

関連サイト

Beer Ripples