見せたくなる掃除機。燕三条発の家電ブランド「ツインバード」の、毎日でも使いたいコードレススティック型クリーナー

モノ作りの町として知られる燕三条で生まれた家電ブランド「ツインバード」。同ブランドより、スタイリッシュな見た目の掃除機『コードレススティック型クリーナー TC-E261S』(市場想定価格3万円程度)が、2018年5月7日に登場する。従来の掃除機とは異なる洗練されたデザインが特徴的だが、1番の注目ポイントは使い勝手の良さだ。

本製品はコードレスながら、強モードで吸込仕事率70Wの国内最高基準の吸引力を実現。さらに、このパワーを保ちながら重さ約1.5kgという軽量な作りになっている。担当者いわく、パワーと軽さを両立させるのは非常に難しく、とことん無駄をそぎ落としたデザインにすることで、このふたつのメリットを実現させることに成功したのだとか。

ヘッド部にはパワーブラシが搭載されているから、カーペットに落ちているゴミもしっかりとかき出してくれる。また一般的なヘッド部には車輪が付いていることが多いが、本製品はツインバード独自の“ボールキャスター”を装備。イメージとしては昔のパソコンマウスの裏についていた“マウスボール”のようなもので、これにより180度自由なヘッドの小回りを可能にしたのだ。テーブルの脚周りも、スムーズに掃除できるようになるだろう。

ところで最近の掃除機には「サイクロン式」のものが多いけれど、『コードレススティック型クリーナー TC-E261S』では、あえて「紙パック式」を採用している。と言うのも、サイクロン式だとゴミを捨てる時にどうしてもホコリが舞ってしまうという問題があり、実際に使うことを考えたときに手を汚さず捨てられる「紙パック式」にたどり着いたのだとか。また本体には約1年分(12枚)の紙パックが付属しているから、しばらくの間は面倒な買い足しが必要ないのもありがたい。万が一ストックがなくなった場合も、紙パックに印刷されているQRコードを読み取れば、購入ページにアクセスできるとのこと。

充電は付属の収納フックに引っ掛け、マグネットプラグにくっつけて行う。地味に面倒なプラグの抜き差しをすることなく、さっと充電してそのまま収納できるのだ。スタイリッシュな見た目だから、部屋に置いてあっても様になるだろう。

パイプを外せばハンディークリーナーとしても使用可能。

余計なデザインや機能を無くし、“究極のベーシック”を謳う『コードレススティック型クリーナー TC-E261S』。「掃除しなくちゃなー」と思っても、なんだかんだ後回しにしがちだが、使い勝手に優れた本製品なら“掃除機をかける”というストレスをきっと減らしてくれるはずだ。

関連サイト

ツインバード工業株式会社 / コードレススティック型クリーナー