アコギ版スタインバーガー!?軽量コンパクトな『ヘッドレスギターKlang+(クラン)』が出現

エレキギターに多少詳しい人なら、ヘッドレスギターと聞いてまず連想するのは「スタインバーガー」だろう。韓国のベンチャー企業が和製クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で資金調達を開始したのは、アコースティック・ギターとしては珍しいヘッドレスタイプの『ヘッドレスギターKlang+(クラン)』。直線的な箱型ボディもまた、スタインバーガーの定番モデルを思い起こさせるルックスだ。

アコースティック楽器なので当然ながらソリッドではなく中空構造。そのため重量は600グラムを切る軽さとなった。突起や丸みを極力排したコンパクトなサイズと相まって、トラベルギターとして優れた可搬性を持つ。ちなみに韓国のクラウドファンディングでは、日本円にして1800万円相当の資金を集め、すでに2000台以上の『Klang+』が生産・出荷されたという。

すっきりとした背面。ストラップピンがネック先端に設置されているのは、楽器としての重量バランスに関係があるのか、はたまた古いスタイルのアコースティックギターをリスペクトしたものか。ボディとネックが一体となったデザイン、かつ無駄な突起がないため、アコースティックながらハイポジションでの演奏性も良さそうに見える。なお、弦長は610mm、21フレット仕様で本体素材はマホガニー、指板とブリッジはローズウッド製だ。

チューニングは、ボディのテールエンドに並ぶチューニングピンを回すことで行うとされているが、この作業には付属のチューニングレンチが必要になるようだ。

製造元は韓国「ジョ・ドンジンギター製作所」。CAMPFIREでの価格設定は、アーリーバード(早割)の割引が2段階、アーリーバードならびにベーシックセットで2万1000円から2万7000円となっている。2018年9月から12月の4度にわけて配送され、1~4次配送でそれぞれ数量限定とのこと。すべて手作りで製造されるハンドメイド製品にしては、比較的手に取りやすいプライスだろう。持ち運び用、あるいは部屋でちょっと爪弾くためのギターとして、ちょうどいい手軽さと言えるかもしれない。

関連サイト

ヘッドレスギター【Klang+(クラン)】(CAMPFIRE)