ザハ・ハディッド設計のロシア邸宅が、どことなくガンダムの宇宙戦艦っぽい件

ロシアのモスクワ州バルヴィハにある『Capital Hill Residence』。これは2016年にこの世を去った建築家のザハ・ハディッド氏がその生涯で唯一設計を手掛けた個人向けの邸宅である。松と白樺の林に包まれたようなこの邸宅は、エンターテイメントスペース、屋内スイミングプール、フィットネス&マッサージエリア、サウナと浴場、そしてゲストルームと屋外テラスを備える、いわゆる超豪邸だ。

そして木々の上に浮かぶかのような展望エリアがそびえているのだが、この形状、どこか「機動戦士ガンダム」に登場する主人公たちの母艦「ホワイトベース」を思い起こさせはしないだろうか。

残念ながら邸宅本体は「木馬」型の形状をしてはいないのだが、動画のワンシーンでは周囲の森林風景を相まって、さながら密林に隠された秘密要塞「ジャブロー」に入港するホワイトベースをCGで表現したのでは? と錯覚させられるような光景が見られる。まあ、住んでいる本人はまさか自分の邸宅がガンダムに登場する宇宙戦艦に似ているなんて思いもしないだろうけれど。というかガンダムを知らないだろうな、たぶん。

それはさておき、この『Capital Hill Residence』はあくまで住居であり、宇宙戦艦でも要塞でもないわけなので、左舷の弾幕が薄いとか、そういったことを心配する必要はないはずだ。それにしても、ザハ・ハディッド氏の設計による豪邸に住めるなんて、きっとものすごい大富豪なんだろうなぁ。

関連サイト

Capital Hill Residence(OKO Group LLC)