簡単設定の無線ルーター『Google Wifi』が日本市場に上陸。複数買いで家じゅうバッチリWi-Fi圏内に

わかりやすい設定と、快適な通信チャンネルおよび帯域の自動選択機能をセールスポイントとする無線LANルーター『Google Wifi』が日本市場に上陸する。販売チャネルはオンラインのGoogleストアならびに家電量販店などで、価格は単品販売で1万5000円、3台パックだと3万9000円(いずれも税別)となる。国内での発売日は2018年4月26日だ。

「フレンドリーなエクスペリエンス(体験)を重視して作ったルーター」とされる『Google Wifi』。「たったの3ステップでセットアップできる」と言われるほど、通信機器にありがちな煩雑な設定が極力排除された。Android、iOSのアプリから簡単にネットワークを管理できるほか、Googleアカウントによるセットアップにも対応。ネットワークに接続されている機器の種類や台数、接続している帯域幅も視覚的に確認できるとされている。

長距離アンテナを内蔵した円形のラウンドシェイプは、360度のエリアをカバー。すっきりしたデザインは、ルーターを家具の裏などに隠すことなく、家の中心に置いてもらいたいという考え方から生まれたものだ。もちろん、ポート類はすべて裏側に隠されている。

3台パックの製品が用意されていることからもわかるように、複数台の『Google Wifi』を組み合わせて広域に対応できるメッシュWi-Fiを構築する機能も持つ。これにより、広い家屋や、2階、3階建ての建物であっても対応可能。歩き回りながらWi-Fi接続していても、最寄りのアクセスポイントに自動接続してくれるという。

セキュリティにも重きを置いた設計で、ワイヤレス暗号化やセキュアブート、自動アップデートといったセキュリティ機能にくわえ、子どもの端末のネットワーク接続を一時停止したりといった通信管理も可能だ。

海外市場ではかなり前から販売されていた製品で、このたび満を持しての日本市場投入となったわけだが、すでに高機能で比較的安価なWi-Fiルーター製品が多数存在するなか、家庭用ルーターとしてはやや高めの1万5000円という価格設定でいかに勝負していくのか注目されるところではある。

関連サイト

Google Wifi – ホームメッシュ Wi-Fi ルーター(Google ストア)
Google Wifi 日本発売開始(Google Japan Blog)