SFアンドロイドに感情移入度100%!PS4新作ゲーム『Detroit: Become Human』先行プレイレビュー

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が2018年5月25日に発売するPlayStation 4用のストーリー分岐型アドベンチャーゲーム(オープンシナリオ・アドベンチャー)『Detroit: Become Human』。人間と同様、あるいはそれを超える知性や容姿を得た“アンドロイド”たちが、人類史上もっとも便利な「道具」として存在する、2038年のデトロイト市を舞台にした「ネオ・ノワール・スリラー」作品だ。

2017年の東京ゲームショウなどでも話題をさらったこの作品。序盤のチャプターのみではあるが、開発中の最新ビルドをいち早く試遊する機会があり、ゲーム中のリアルな近未来を体験することができた。

その興奮が冷めぬうちに、さっそくプレイレビューをお届けしよう。

3体のアンドロイドの視点から見る近未来の世界と人間たち

『Detroit: Become Human』では、プレイヤーは捜査官アンドロイドの「コナー」(画像左)、老画家の世話をしていたが後に“革命の先導者”になるというアンドロイド「マーカス」(中央)、そして父子家庭で働く女性型アンドロイド「カーラ」という3体の視点から、2038年のデトロイトを体験することになる。

「道具」として扱われる側のアンドロイドの立場でプレイするというのが本作のポイントで、オーナーである人間の命令に忠実に従うか、あるいは自らの意思に従って行動するかによって物語は大きく変化していき、その後の展開やストーリーの結末にも大きな影響を与えていく。

何度もプレイしたくなる? 非常に複雑なストーリー分岐

ストーリーは複数の「チャプター」に分割され、それぞれのチャプターで3体の主人公たちが入れ替わりながら物語は進行する。あるときには反逆アンドロイドである“変異体”を追い、またあるときにはピアノ演奏や絵を描いたりといったアクションを繰り返しながら、その行動がストーリーへと影響を与え続けていくのだ。

各チャプターの終了時には上の画像にあるようなフローチャートで自身の選択を振り返ることができるのだが、ひとつのチャプターでもかなり多くのストーリー分岐が発生することに驚かされた。

また、自由度の高いアドベンチャーゲームでは時に操作性がイマイチだったりすることもあるが、「DUALSHOCK 4」コントローラーの各種ボタンやスティック、タッチパッドなどを駆使する『Detroit: Become Human』の様々なアクションは、画面上にわかりやすいガイドが表示されることもあって快適そのもの。

操作に手こずってゲーム進行に詰まったり、没入感を損なってしまうというケースはほとんどなかった。

モーションキャプチャと美麗グラフィックスが圧巻

なにより驚かされたのは、実際の俳優による演技のモーションキャプチャによって非常にリアルに動き回る人物描写。これがPlayStation 4最高レベルの美しいグラフィックスで映し出されるのだ。人物の体の動き、顔の表情、そのあらゆるモーションがあまりにも自然なため、まさに言葉の通り「世界観に引き込まれる」体験ができる。

気がつけば3体のアンドロイドたちに感情移入しながら、まるで自分が近未来世界に生きているような没入感を得ることができるだろう。

『Detroit: Become Human』は、2018年5月25日発売予定。希望小売価格は、パッケージ版の場合だと通常版が6900円+税、Primium Editionが8900円+税。ダウンロード版では通常価格7452円(税込)、Digital Deluxe Editionが8532円(税込)となる。

さあ、この近未来没入体験が、あと1カ月足らずで手に入れられるようになる。指折り数えて待とうじゃないか!

関連サイト

Detroit: Become Human オフィシャルサイト