クラシックスポーツカーへの愛が深い……。まるで車のメーターパネルを凝縮したような「CURSUS VICTUS」のクロノグラフウォッチ

「どうしてクラシックスポーツカーに似合う腕時計がないんだ……」。そんなクラシックスポーツカーへの熱い思いから、腕時計の愛好家であるトルゲイ・サンダース氏が2015年に立ち上げたノルウェー発のウォッチブランド「CURSUS VICTUS(カーサス ヴィクタス)」。日本初上陸を果たした同ブランドは、2018年4月20日に「CMXIシリーズ」3モデルを発売した。

「CMXIシリーズ」は「CURSUS VICTUS」のファーストモデルでもあり、1960~70年代のスポーツカーへのオマージュを腕時計の形に落とし込んだクロノグラフウォッチだ。

「CMXIシリーズ」の文字盤は、自動車のメーターパネルを凝縮したようなデザインが特徴だ。まず注目したいのが、分針をなくした1本針仕様であること。これはスピードメーターを再現するためのデザインで、針止めのビスもメーター部分を模したデザインが採用されている。

では、どのように時刻を確認するのかだが、時間と時間の間に10分毎のインデックスが刻まれており、分針がなくとも時間を読み解くことが可能となっている。1分単位の細かな時間が表示できないのはご愛嬌。「細かいことは気にしないで、クラシックスポーツカーでドライブを楽しもう!」……なんて声が聞こえてきそうな車への愛を感じる仕様である。

ほかにも、12時位置にはレブカウンター(タコメーター)のレッドゾーンのような赤い配色、ステアリングコラムの外観とマッチするよう考えられたマットブラックPVD加工が施されたケース、ドライビンググローブをイメージしたストラップなど、クラシックスポーツカー愛好家のみならずとも心躍るような仕上がりだ。

なお針止めビスの上に配置されているオイルゲージを模した扇型メーターは、クロノグラフ機能を使うことで、1秒ごとに針がレブカウンターのように往復して動くユニークな作りになっているのだとか。

まだまだサンダース氏のこだわりは止まらない。裏蓋には伝統を重んじるブランドとして歴史を象徴する5つのロゴが刻印されている。

古代ギリシャでスピードを象徴するアポロ(太陽神)の「翼付きヘルメット」、勝者の証である「オリーブの枝」、古代より勇気・権力・王権の象徴であるライオンと、再生の象徴である牡鹿を組み合わせた造獣「ライオン鹿」、古代ローマにおいて、レースの守護神を象徴するネプチューン(海の神)の「三又の銛」、そしてブランド名でもある「CURSUS VICTUS」は、ラテン語でレーシングライフスタイルを意味している。

オトコなら誰しも惹かれそうな、“カッコ良さ”を追求した「CURSUS VICTUS」の腕時計。全国のNORDIC FEELING店舗、またはオンラインショップで購入可能だ。展開される3モデルは以下の通り。

『CMXI the original』5万9400円
『CMXIe limited edition』5万9400円
『CMXIp limited edition』5万9400円

関連サイト

「CURSUS VICTUS / カーサスヴィクタス」