話題の新スポットで最高のハイボール体験を。『JOHNNIE & HIGHBALL Hibiya Garden』が本日オープン!

2018年3月にオープンしたばかりの話題の新スポット『東京ミッドタウン日比谷』に、スコッチウイスキー「ジョニーウォーカー」の期間限定バー『JOHNNIE & HIGHBALL Hibiya Garden』がオープンした。このバーは同エリアで開催中の観劇フェスティバル「Hibiya Festival」の公式バーでもあり、出店場所である日比谷ステップ広場には、このイベントの特設ステージやシンボルオブジェも設営されている。

バーの外観。店頭のスペースにはジョニーウォーカー・ブランドの象徴「ストライディングマン(闊歩する紳士)」の像が。

傑作ウイスキーの魅力をハイボールで再発見

『JOHNNIE & HIGHBALL Hibiya Garden』で飲めるドリンクはもちろん、ジョニーウォーカー ブラックラベル12年を使用した2種類のハイボール。シンプルな1:3レシピの『ジョニーハイボール』と、スモーキーさ、甘み、樽香を引き立たせるスパイスなどの副原料をグラスの縁につけた『ジョニーハイボール(クラフトスタイル)』だ。いずれも「傑作」と称されたブラックラベルの奥深さが楽しめる。ともに価格は1杯500円。

クラフトスタイルの副材料は、スモーキーさを引き立てる「英国産ソルト」、甘さを引き出す「ピンクペッパー」、そして樽香を楽しむ「シナモン」といったテイストから選ぶことができる。個人的な驚きがあったのは、ウイスキーとシナモンの相性が抜群に良かったこと。ウッディな樽の香りが引き出され、爽やかかつ深みのある味わいを楽しめた。皆さんもぜひ一度お試しあれ。

フードにも新鮮な発見がいっぱい

『ジョニーハイボール』の特徴的な味わいにマッチしつつボリューム感もしっかりしたフード類もこのバーならではのお楽しみ。バーフードの代表格『フィッシュアンドチップス』(900円)はタルタルソースだけでなく、ビネガーの爽快な味もハイボールに合うテイストだし、ボリュームのある『バーガー』(1200円)はほのかにチーズが薫り、ジョニーウォーカーのスモーキーフレーバーを引き立たせる。

「ちょっとつまむだけで十分」というのであれば、『シーズナルピクルス&オリーブ』(500円)とハイボールを合わせるのがオススメだ。

パフォーマンスやイベントとの「ブレンド」も楽しんで

“進化し続けるブレンドウイスキー”であるジョニーウォーカーのブランドを体現する場として誕生した『JOHNNIE & HIGHBALL Hibiya Garden』。話題のスポットである東京ミッドタウン日比谷、そこに集う人々、そして「Hibiya Festival」が作り出す空間や文化の“ブレンド”も楽しんでほしいという。

東京ミッドタウン日比谷を見上げながら飲むも良し、ステージパフォーマンスを鑑賞しながら飲むも良し。新しい日比谷の街に入り混じる様々な要素を、『ジョニーハイボール』の味わいと心地よい酔いがうまくブレンドしてくれることだろう。


『JOHNNIE & HIGHBALL Hibiya Garden』

出店場所: 東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場
出店期間: 2018年4月27日(金)~2018年5月20日(日)/雨天中止/5月1日、2日は土日祝日時間で営業
営業時間: 平日17時~22時(21:30 L.O.)、土日祝日12時~22時(21:30 L.O.)


関連サイト

ジョニーウォーカーが東京ミッドタウン日比谷で人と文化を “ブレンド(JOHNNIE &)”する “JOHNNIE & HIGHBALL Hibiya Garden” が期間限定オープン(キリンによるプレスリリース)